2018年06月15日

新宿 御苑サウンド

  「KOJI WAKUI & DARK HORSE with FRIENDS」
  和久井光司&ダークホース、鈴木亜紀、ジャバラガールズ
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥3,500 当日 ¥4,000

  ジャバラガールズ
古田朝映:vocals, accordion
ジャスミン:vocals, accordion

  GUEST
安部OHJI:bass on 6、7、8
伴慶充:drums on 7、8

1.じゃバラバラバラ
2.追いかけてシロシゲ
3.雪女のララバイ
4.おにくon the rice
5.青唐辛子のブルース
6.地球をまわすうた
7.踵返し
8.ジャバラの女

  和久井光司&ダークホース
和久井光司:vocals, guitar
長井ちえ:guitar, backing vocals
小泉信彦:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals
やまだ晴香:percussion, backing vocals

1. 愛飢おしゃべり頭
2. 表現
3. Don't Forget Me
4. ヘリンボーン/ジェリービーン
5. 罪と罰と明日
6. I Will
7. 希望と自由
8. 漕げよマイケル、あと500マイル
9. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール (出演者全員)
・オイラの船は300トン featuring 鈴木亜紀
・No Woman No Cry



 ジャバラガールズさんには初めて混ぜていただいたが、やはりブルージーな演奏するとメッチャ映える。これから機会があったらバシバシ乱入していきたいものだ。

 鈴木亜紀さんはレバノンの楽曲も「天城越え」も本当に素晴らしかった。演歌というジャンルの唄でこれほど純粋に感動できたのは初めての経験だった。基本的に12音階で作られているのだから、中近東やインド周辺とは異なるはずなのだが、表現力的にはそっち方面の方が近いようにさえ感じられる。まったく信じられない。

 DARK HORSEでは曲によって全曲かけっぱなしのFXが増えてきた。「詰めがもう一越え」なのと同時にレベル調整がぐっと難しくなってきてしまった。定番に行ってみた方が良いのだろうか。

Ibanez BTB1406
 ↓
DigiTech Bass Synth Wah
Electro-Harmonix Pitch Fork
Bogner HARLOW
DARKGLASS Microtubes B3K
ELECTRO-HARMONIX Freeze
tc electronic polytune
 ↓
Fender BASSMAN 12inches x 4 cabinet

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2018年05月05日

小牧 Back Drop

  「KOJI WAKUI BAND Spring 愛知 Tour 2018 #3」
  KOJI WAKUI BAND、はまだ周平
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,500 当日 ¥4,000

  はまだ周平:vocals, acoustic guitar
    with KOJI WAKUI BAND

1. 103歳になったアトム
2. 無重力星2ノイローゼ
3. チャーリーとバスター
4. ルパンかよッ!!
5. 晴れた日に永遠が見える

  KOJI WAKUI BAND
和久井光司:vocals, guitar
菊池琢己:guitar, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. Knocking’ On Heaven’s Door
2. 表現
3. 一人
4. 野村さん
5. ヘリンボーン/ジェリービーン
6. 幸せって、つまんない
7. シャボン・シャボン with Wakako Wakui on vocals
8. 人生いろいろ with Wakako Wakui on vocals
9. 希望と自由
10. 漕げよマイケル、あと500マイル
11. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・No Woman No Cry
・All You Need Is Love



 帰宅したら、琢己くんに習ってウォーキングを始めようと思うけど、いつまで続くことやら。

Ibanez BTB1406
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
ZOOM MS-60B
 ↓
Ashdown MAG 300 EVO II
 MS-60B: D.I Plus, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2018年05月04日

刈谷 cafe Nation

  「KOJI WAKUI BAND Spring 愛知 Tour 2018 #2」
  KOJI WAKUI BAND、THE LOVE★JERRYS、はまだ周平
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,500 当日 ¥4,000

  はまだ周平:vocals, acoustic guitar
    with KOJI WAKUI BAND

1. 103歳になったアトム
2. 無重力星2ノイローゼ
3. ルパンかよッ!!
4. 晴れた日に永遠が見える

  KOJI WAKUI BAND
和久井光司:vocals, guitar
菊池琢己:guitar, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. Knocking’ On Heaven’s Door
2. 表現
3. DNAブルース
4. 野村さん
5. ヘリンボーン/ジェリービーン
6. 幸せって、つまんない
7. 希望と自由
8. 漕げよマイケル、あと500マイル
9. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・No Woman No Cry




 打ち上げは去年と同じ中華料理屋で。去年は次の日が御苑サウンドで nombres ライブだったので、ほとんど食べずに帰ることになったが、今回は辛いもの中心に堪能した。

 自宅でもいろんな辛い調味料を使っています。特にこのメーカーのラー油はいろいろと。鶏肉入り、豚肉入り、牛肉入り、ピーナッツ入り、ドウチ入りなどなど。

51jcTZQ0leL.jpg

 それから麻辣醤。

71+ZLdS3RLL._SL1133_.jpg

そしてトムヤムクンMIX。

fd_thai_95b.jpg

Ibanez BTB1406
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
ZOOM MS-60B
 ↓
AMPEG BA-112 (多分)
 MS-60B: D.I Plus, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 和久井光司

2018年05月03日

名古屋 今池 Paradise Cafe 21

  「KOJI WAKUI BAND Spring 愛知 Tour 2018 #1」
  KOJI WAKUI BAND、ファンカデリックセンター今池
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,500 当日 ¥4,000

  KOJI WAKUI & DARK HORSE
和久井光司:vocals, guitar
菊池琢己:guitar, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. Knocking’ On Heaven’s Door
2. 表現
3. 泣かない女はいない
4. DNAブルース
5. 野村さん
6. ヘリンボーン/ジェリービーン
7. 幸せって、つまんない
8. 希望と自由
9. 漕げよマイケル、あと500マイル
10. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・No Woman No Cry
・All You Need Is Love



 古いTシャツを引っ張り出してきて、着るのはもうやめようと思う。

Ibanez BTB1406
 ↓
AMPEG BA-115-V2
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 23:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 和久井光司

2018年04月30日

新宿 御苑サウンド

  「KOJI WAKUI & FRIENDS IN TOKYO SPRING 2018」
  KOJI WAKUI & DARK HORSE、ジョニー大蔵大臣、Love Jones
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,500 当日 ¥4,000

  KOJI WAKUI & DARK HORSE
和久井光司:vocals, guitar
長井ちえ:guitar, backing vocals
小泉信彦:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals
やまだ晴香:percussion, backing vocals

1. 女は生きる
2. 表現
3. ヘリンボーン/ジェリービーン
4. 幸せって、つまんない
5. 罪と罰と明日
6. I WILL
7. 希望と自由  
8. 漕げよマイケル、あと500マイル
9. 街角で「コヨーテ」を聴いた
10. All The Young Dudes

  アンコール
・No Woman No Cry



Ibanez BTB1406
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
ZOOM MS-60B
 ↓
Fender BASSMAN 135 (12inches x 4)
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2018年03月31日

横浜 青葉台 タチバナ&ウチルカ

  「ANALOG MYSTERY TOUR 2018」
  和久井光司バンド
  OPEN 19:00 START 19:30
  参加費 ¥3,000 ライブのみ ¥2,000

  和久井光司バンド
和久井光司:vocals, acoustic guitar
菊池琢己:guitar, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. Knockin’ On Heaven’s Door
2. 表現
3. DNAブルース
4. 泣かない女はいない
5. 幸せって、つまんない
6. ヘリンボーン/ジェリービーン
7. 希望と自由
8. 漕げよマイケル、あと500マイル
9. 街角で「コヨーテ」を聴いた
10. All You Need Is Love



 「ベースすごい音だね!Jack Bruceか、Chris Squireみたい!」と褒められたが、実は低域がPAのスピーカーの実力限界を超えてしまって、叫び声をあげていたのだった。それであわててベースはPAから出すのをやめて、アンプの音だけにした。

IMG_1817.jpg

 タチバナというお店は結構すごいレコードがうなってて、今回もいろいろ見せていただいた。まずは、周平くんが買った「アルプスの少女ハイジ」シングル。ぬわんと!伊集加代子さんがボーカルとな!

IMG_1822.jpg

 こちらは名古屋の大内さんが購入した、マルコム・マクラレン フィーチュアリング フランソワーズ・アルディ。

IMG_1823.jpg

 そしてバンドスタッフのブンちゃんが「サインしてください!」と言うので「?」だったのが、こちら。先日イマサと話してたシティハンターのゴーゴーヘブン、サウンドプロデューサーだったのに知らなかったのだが、こんなジャケだったのね!タチバナで見つけて、購入!見せてくれたのだ!で、サインしました。

IMG_1820.jpg


Ibanez BTB1406
 ↓
DigiTech Bass Synth Wah
Electro-Harmonix Pitch Fork
Darkglass Microtube B3K CMOS Bass Overdrive
Bogner HARLOW
ZOOM MS-60B
 ↓
PEAVEY コンボアンプ
 MS-60B: Ba Detune, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 和久井光司

2018年03月02日

代官山 晴れたら空に豆まいて

  「久住昌之と和久井光司のロックンロール・プロジェクター」
  和久井光司&ダーク・ホース、クスミシャッケンR&Rバンド
  OPEN 18:30 START 19:30
  予約 ¥3,500 当日とも ¥4,000 

  和久井光司&ダーク・ホース
和久井光司:vocals, guitar
長井ちえ:guitar, backing vocals
小泉信彦:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals


28616845_1234066246728480_8943227634919561962_o.jpg

1. 表現
2. LOVE COMES TO EVERYONE
3. ヘリンボーン/ジェリービーン
4. 幸せって、つまんない
5. 罪と罰と明日
6. I WILL
7. 希望と自由  
8. 漕げよマイケル、あと500マイル
9. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール(出演者全員)
・骨
・自由の筈



 お忙しいクスミさんとは8年前のクリスマス、スターパインズ以来の共演。このトリオのベース担当のキーボードの方はまるっきり弦ベースにしか聴こえない名演奏で感動的だった。久しぶりに「オボエテナイ」を聴けてよかった。

 ZOOM MS-60Bのフットスイッチがおかしい。長押しにうまく反応できないようだ。とりあえずチューナーを購入しようと思う。

Fender Precision bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
Hartke Head HA2000 + cabinet 4.5XL
 MS-60B: AC Bs Pre, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2018年01月26日

HEAVEN 青山

  「BBM presents YUCALIE’s BD + 1 Special」
  Bite Birth Mark、KOJI WAKUI & DARK HORSE、MASH、DJ Tezenie
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  KOJI WAKUI & DARK HORSE
和久井光司:vocals, guitar
長井ちえ:guitar, backing vocals
小泉信彦:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. Love Comes To Everyone
2. 表現
3. ヘリンボーン / ジェリービーン
4. Only You
5. Don’t Forget Me
6. 幸せって、つまんない
7. 希望と自由
8. 漕げよマイケル、あと500マイル
9. 街角で「コヨーテ」を聴いた
10. All The Young Dudes

26993781_1193588154110440_2269609577650493004_n.jpg



 和久井くんがメンバーがいないというので、ちえちゃんとこいちゃんを紹介した。このメンバーでは最初のライブ。楽しかった。サウンドがまとまって、とても良いと思うが、和久井くんとしては「手堅い」のだそうだ。ということから類推すると、和久井くんはアグレッシブな弾き語りにアグレッシブなピアノやギター、ちょっと風変わりな管楽器などが対決している図式を目標にしているのかもしれない。

 Peteさんはいろいろとやってて、大変そうだった。宮崎くんは「どうしてOLBに村松さんが必要なんだろう?」と思うくらいの様々なすてきなことを演奏していた。

 「Don't Forget Me」はハリー・ニルソンの曲でも最高に好きな部類の曲。こういう曲はニルソンとランディ・ニューマンが最高峰だ。ニルソンは時々、「なんでこんなん入ってんの?」ていうような曲もあるけれども、人様に提供する場合はそういうことはない。で、もちろんジョー・コッカーみたいに饒舌な人が歌っていいと思うのだけれど、自分としては本人の歌が好き。すっきりしてるし、方向性が明確だ。ポール・ウィリアムスにも同じようなことを感じているのだが、職業柄、あまりいろいろとフィーチュアがあると、商品然として聴こえてしまうのかもしれない。いや、仕事にする前からそういう好みかもしれないなぁ。

 「Love Comes To Everyone」はめちゃくちゃジョージ・ハリスンらしい曲で、コードの使い方が難しい。多分自分の中で鳴ってる音がクワイアか、管だか、弦だかの何重奏かで、それをギターで置き換えているのかな?と思う。

 「ヘリンボーン / ジェリービーン」はまだまだ弾ききれていないのだけれど、やっとこういうものではないかというところにたどりついた感じ。verseのヴォーカルがここまで低いレンジだと、本当に難しい。何をやっても飛び出す気がする。ミュートして4分てのもあるけど、それじゃあねぇ。でもやってみてもいいかな。

 それにしても寒いね。風邪がすっきり治らない。帽子の評判が良くない。テンガロンが流行っているようなので、それはもうやめて、もっとお爺さんぽいのを探そうと思う。

27073371_1193588307443758_1635086649903182357_n.jpg

Fender Precision bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
EDEN WT-800C WORLD TOUR HEAD + 410-XLT cabinet
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年12月30日

川崎 クラブチッタ アティック

 「和久井光司の言わずに死ねるかッ! vol.38」
  和久井光司 クァルテット feat. 菊池琢己、宮原芽映、丹波博幸
  SPECIAL GUEST:PANTA、小林啓子
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  和久井光司クァルテット feat. 菊池琢己
和久井光司:vocals, guitar
菊池琢己:guitar, backing vocals
藤原マヒト:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. 娑婆にホトケ
2. 表現
3. 女は生きる
4. 幸せって、つまんない

  小林啓子 with 和久井光司
小林啓子:vocals
和久井光司:acoustic guita, backing vocalsr

5. あげます
6. ひこうき雲
7. 比叡おろし

  宮原芽映 and 丹波博幸
宮原芽映:vocals, ukulele
丹波博幸:acoustic guitar, vocals

8. I’ll See You In My Dreams
9. あちこたねえ
10. 恋をするなら with 和久井光司クァルテット
11. アンダルシア with 和久井光司クァルテット
12. NUTS! with 和久井光司クァルテット

  和久井光司クァルテット feat. 菊池琢己

13. ヘリンボーン/ジェリービーン
14. 希望と自由
15. 漕げよマイケル、あと500マイル with dancing girls

  響
PANTA:vocals, acoustic guitar
菊池琢己:guitars, backing vocals

16. As Tears Go By
17. メキシコ式離婚
18. Will You Still Love Me Tomorrow
16. つれなのふりや with 和久井光司クァルテット
17. マラッカ with 和久井光司クァルテット
18. マーラーズ・パーラー with 和久井光司クァルテット and 丹波博幸

  全員
19. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール(和久井光司 弾き語り)
・夢よ叫べ



 年末にこんなに贅沢な布陣のライブでいいのか?と言う位な盛りだくさんライブであった。ここはこんなにも天井が高いのにお客さんが入ると突然音を吸われたり、かと思ってちょっとヴォリウム上げると、いきなり爆発的に大きな音になったりと予測ができない反応があって難しい。

 今日は基本はプレべだけれども、宮原芽映 and 丹波博幸のサポートはウクレレ・ベースで。そのウクレレ・ベース、リハ直前にひさびさに電池がなくなった。本番でなくて助かりました。次回は違うタイプの弦にしたい。EQもそろそろガタが来ているので、診てもらわねばなるまい。

Fender Precision Bass and OTO-OTO fretless ukulele bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
ASHDOWN ABM-C210 T 500 EVO III
 MS-60B: acoustic, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年12月15日

武蔵小山 Again

 「はまだ周平の武蔵小山保証協会 Act.10」
  はまだ周平、和久井光司クァルテット、相川理沙
  OPEN 18:00 START 18:30
  予約 ¥2,500 当日 ¥3,000

  はまだ周平:vocals, acoustic guitar

1. うやむやあやふや
2. 夜のサイレン/朝の憂鬱

  相川理沙:vocals, acoustic guitar

1. The water is wide〜船は行く〜
2. 海が見えたら
3. レイニーガール
4. Tennessee Walzs
5. 光
6. My Blue Heaven〜私の青空〜

  和久井光司クァルテット
和久井光司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano, synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

  GUEST
相川理沙:vocals, percussions on 4, 5, 6 & 7

1. ヘリンボーン / ジェリービーン
2. 娑婆にホトケ
3. Coney Island Baby
4. I can't help fall in love
5. 希望と自由
6. 漕げよマイケル、あと500マイル
7. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  はまだ周平+和久井光司クァルテット
はまだ周平:vocals, guitar
和久井光司:guitar, backing vocals
藤原マヒト:digital piano, synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. Camera ! Camera ! Camera !
2. 低血圧ブルース
3. 無重力ノイローゼ
4. ルパンかよっ!
5. 晴れた日に永遠が見える

  アンコール(全員)
・武蔵小山保証協会のテーマ



 「I can't help fall in love」のレゲエ・ヴァージョンは楽しかった。English Beatみたいなつもりだったが、うまくそうなったかどうかは「?」。

 「6弦ベースの人になってきましたね〜。」とは伴ちゃんの談。だんだんフレットレスも6弦にしたくなってきた今日このごろ。

Ibanez BTB1406
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
AMPEG BA-112
 MS-60B: M-Filter, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年12月05日

ディスクユニオン 新宿 DUES

  「『ビートルズはどこから来たのか』発売記念ライヴ」
  和久井光司クァルテット+、本秀康(talk)
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥2,000 当日 ¥2,500

  和久井光司クァルテット+
和久井光司:vocals, acoustic guitar
澄田健:guitar, backing vocals
藤原マヒト:korg synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. 表現
2. 娑婆にホトケ
3. ヘリンボーン/ジェリービーン
4. Blind Willie McTell
5. 風に吹かれて
6. 希望と自由
7. 漕げよマイケル、あと500マイル
8. 街角で「コヨーテ」を聴いた
9. All You Need Is Love
10. Imagine



 前回の反省をふまえて、マヒトくんは今日はマーシャルを使用。


2017120501.jpg


Ibanez BTB1406
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
Hartke HA3500 + EDEN D-410XST8-E
 MS-60B: M-Filter, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年11月25日

刈谷 cafe Nation

  「AUTUMN-愛知-TOUR 2017」
  和久井光司クァルテット、THE LOVE★JERRYS
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  和久井光司クァルテット
和久井光司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano, Korg synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. 表現
2. 泣かない女はいない
3. 娑婆にホトケ
4. ヘリンボーン/ジェリーピーン
5. 風に吹かれて
6. Camera! Camera! Camera! with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
7. 晴れた日に永遠が見える with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
8, 幸せって、つまんない
9. 希望と自由
10. 漕げよマイケル、あと500マイル
11. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・All You Need Is Love
・Imagine
・夢よ叫べ




20171125.jpg


Ibanez BTB1406
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
AMPEG BA-112 (多分)
 MS-60B: M-Filter, tuner

posted by OHJI at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年11月24日

小牧 The Scratch

  「AUTUMN-愛知-TOUR 2017」
  和久井光司クァルテット、和久井和佳子、はまだ周平
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  和久井光司クァルテット
和久井光司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano, Korg synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

20171124_1.jpg


1. 表現
2. 娑婆にホトケ
3. ヘリンボーン/ジェリーピーン
4. 風に吹かれて
5. シャボン・シャボン with 和久井和佳子 on vocals
6. Down Town with 和久井和佳子 on vocals
7. 無重力☆ノイローゼ with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
8. 低血圧ブルース with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
9. Camera! Camera! Camera! with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
10. 晴れた日に永遠が見える with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
11, 幸せって、つまんない
12. 希望と自由
13. 漕げよマイケル、あと500マイル
14. 街角で「コヨーテ」を聴いた

20171124_2.jpg


  アンコール
・All You Need Is Love
・Imagine
・夢よ叫べ




20171124_3.jpg


Ibanez BTB1406
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
HARTKE LH1000 head + SWR Goliath cabinet
 MS-60B: M-Filter, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年11月23日

名古屋 今池 Valentine Drive

  「AUTUMN-愛知-TOUR 2017」
  和久井光司クァルテット、銀河歌謡ショウ
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  和久井光司クァルテット
和久井光司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano, Korg synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals


IMG_1591.JPG


1. 表現
2. 泣かない女はいない
3. 娑婆にホトケ
4. 女は生きる
5. ヘリンボーン/ジェリーピーン
6. Blind Willie McTell
7. 風に吹かれて
8, 幸せって、つまんない
9. 希望と自由
10. 漕げよマイケル、あと500マイル
11. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・ All You Need Is Love
・ Imagine




20171123_2.jpg

 銀河歌謡ショウはイントロ、間奏などが洋楽完全コピーで、それに邦楽の歌が乗っかって、無理のないように演奏のコードやプレイスタイルを手直しするという強力に高度な技術を使うバンドであった。素晴らしい!

 2年前に「大なり><小なり 」のアルバム・リリース・ツアーでこの Valentine Drive に来る前に youtube で拝見させていただいて以来、ずっと見たかったのだが、やっと本物に遭遇できて、満足だったのだす。

 安部は他のバンド・メンバーと関連性を全く考えていない「無駄にサイケな」衣装。実は前日までフレーズを考え直していて、衣装を考える時間がなかったのであった。orz

20171123_1.jpg


 演奏面ではアップライトピアノのチューニングに苦戦したリハーサルだったが、最終的にはなんとかなった。

 打ち上げで名古屋にはサイズのファンが多くいることが分かった。そういう歳の方々が今はいろいろと中心になって日本を支えているのかもしれない。そしてこんなものも頂戴してしまった。


IMG_1587.JPG


 打ち上げで得三に行ったら、マリさんのポスターの晴男くんがかわいらしい。北さん、クリソツ。

Ibanez BTB1406
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
ACE TONE Solid Ace-8
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年10月13日

武蔵小山 Again

 「はまだ周平の武蔵小山保証協会 Act.09」
  はまだ周平、和久井光司クァルテット、玉梶かずや
  OPEN 18:00 START 18:30
  予約 ¥2,500 当日 ¥3,000

  はまだ周平:vocals, acoustic guitar

1. とぎれそうな糸
2. うやむやあやふや

  玉梶かずや:vocals, acoustic guitar

1. 善と悪
2. 土曜夜一
3. 胸を焦がす
4. 好きな人
5. カーテン

  和久井光司クァルテット
和久井光司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano, synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. 娑婆にホトケ
2. ヘリンボーン/ジェリービーン
3. 幸せって、つまんない
4. 希望と自由
5. 漕げよマイケル、あと500マイル
6. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  はまだ周平+和久井光司クァルテット
はまだ周平:vocals, guitar
和久井光司:guitar, backing vocals
藤原マヒト:digital piano, synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. 無重力ノイローゼ
2. Camera ! Camera ! Camera !
3. 夜のサイレン/朝の憂鬱
4. 低血圧ブルース
5. 晴れた日に永遠が見える

  アンコール(全員)
・武蔵小山保証協会のテーマ



 「無重力ノイローゼ」で突然ソロをやることになり、結構考えたのだが、全然つまらないのを弾いてしまった。作曲する時みたいに、もっと冷静に考えよう。

Ibanez BTB1406
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
DigiTech Bass Synth Wah
MXR Talk Box
ZOOM MS-60B
 ↓
AMPEG BA-112
 MS-60B: Ba Detune, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年10月09日

原宿 クロコダイル

  「柳ジョージ 7回忌法要 トーク&ライブ RESPECT GEORGE」
   THE GYPSY EGG
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥3,500 当日 ¥4,000

  【第1部】
ミッキー吉野×和久井光司
「横浜ホンキートンク対談」

  【第2部】
  THE GYPSY EGG
和久井光司:vocals, guitars
窪田晴男:guitar, vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

  GUEST
ミッキー吉野:keyboards,backing vocals

1. 街角で「コヨーテ」を聴いた
2. 風は吹かない
3. 愛する君に
4. CROSS EYED WOMAN
5. 酔って候
6. 同じ時代に
7. プリズナー
8. FENCEの向こうのアメリカ
9. 本牧綺譚
10. コインランドリー・ブルース
11. さらばミシシッピー

  アンコール
・青い瞳のステラ、1962年 夏



 ミッキーさんとは初めてご一緒させていただいた。とても丁寧でリズムがはっきりしているピアノが素晴らしかった。普通、ピアノを弾く人は大抵、ふにゃーっとコードを弾くのでリズムがあまりハッキリしない人とDR. JOHNやレオン・ラッセルのようにすごくパキパキしているバッキングが楽しい人の二種類に分かれる。もちろん後者の方が一緒に演奏していて楽しいのだが、アルペジオやバッキングのパターンがコピーしたフレーズを原型にしているため、ヴォーカルに比較するとちょっと要素が多すぎることがある。つまり弾き過ぎに聴こえてしまうことがあるということだ。

 ミッキーさんも後者に属するのだけれど、コピーしたフレーズをリズムの形やコードの展開形としてバラして再構築しているので、ヴォーカルのバッキングで飛び出ることがない。で、ソロになればもちろんかっちょいいフレーズの応酬になるという教科書にしたいような演奏だった。その上、常に周りの演奏をよく聴いているので、バンド内で足りない音を自然に響かせてくれるというおまけ付きである。と、言うのは簡単なのだけれど、大変なんすよ。こういう演奏するのは。

 EDENのWTDIを初めて本番で使ったが、やっぱりエンハンスの帯域が難しい。輪郭は最高なんだが、どうしてもちょい硬すぎになってしまうなぁ。MS-60Bは今日はline outにつないで、単なるチューナーにしていたのだった。

Fender Precision Bass
 ↓
EDEN WTDI
ZOOM MS-60B
 ↓
HARTKE LH1000 head + EDEN D410 XST 8Ω Cabinet
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年09月30日

川崎 クラブチッタ アティック

  「和久井光司の言わずに死ねるかッ! vol.35」
  和久井光司、安部OHJI、Sachi-A
  ゲスト:チエルーム「甘い破滅 川崎悩殺篇」
  OPEN 18:00 START 18:30
  予約 ¥2,000 当日 ¥3,500

劇場型チエルーム:vocals, accordion
  「或る男と3人の女・番外編〜はづき〜」
1. まる
2. 空蝉
3. 甘い破滅
4. うそ

和久井光司:vocals, acoustic guitar
1. 十月の旅人
2. シリアス
3. セクシィ

  光智苑
和久井光司:vocals, acoustic guitar
チエルーム:vocals, accordion
安部OHJI:bass
Sachi-A:drums

1. 幸せって、つまんない
2. 家庭崩壊
3. クモリメガネ
4. インフルエンザ
5. 太陽の下の18歳
6. DOWN TOWN
7. 漕げよマイケル、あと500マイル

  アンコール
・街角で「コヨーテ」を聴いた


 以前から演奏したかった曲が演奏できて、楽しかった。

 もう打ち上げ参加は厳しいのかもしれない。

Ibanez BTB1406
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
ASHDOWN ABM-C210 T 500 EVO III
 MS-60B: acoustic, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年08月12日

武蔵小山 Again

 「はまだ周平の武蔵小山保証協会 Act.08」
  はまだ周平、和久井光司クァルテット、河村博司
  OPEN 18:00 START 18:30
  予約 ¥2,500 当日 ¥3,000

  はまだ周平:vocals, guitar

1. HAPPY ENDING
2. ブルースを唄わないで

  河村博司
河村博司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano on 5 & 6
安部OHJI:bass on 5 & 6
伴慶充:drums on 5 & 6

1. 渚から
2. 青天井のクラウン
3. 愛のテーマ
4. フラクタル
5. ( What’s So Funny ‘Bout ) Peace, Love, Understanding
6. やわらかな時

  和久井光司クァルテット
和久井光司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano, synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

  GUEST on 7 & 8
河村博司:guitar, backing vocals

1. まだまだ
2. 女は生きる
3. 表現
4. 硝子のジョニー 〜 お前がパラダイス
5. 幸せって、つまんない
6. ヘリンボーン/ジェリービーン
7. 漕げよマイケル、あと500マイル
8. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  はまだ周平+和久井光司クァルテット
はまだ周平:vocals, guitar
和久井光司:guitar, backing vocals
藤原マヒト:digital piano, synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. 無重力ノイローゼ
2. Camera ! Camera ! Camera !
3. 夜のサイレン/朝の憂鬱
4. 低血圧ブルース
5. 64年メドレー
6. 素晴らしき哉、人生!

  アンコール(全員)
・武蔵小山保証協会のテーマ




0001.jpg


 河村博司さんとは今まで、映画音楽、録音、ライブなど、いろいろな仕事ですれ違っていて、今日が初対面というのがとても不思議な感じ。演奏内容もとても懐かしいようなラヴリーな。

 コンプレッサーはデジタルだとどうしても効きすぎて、引っ込んだ感じになってしまう。家でセッティングをいろいろと試して、「これならば!どうだ!」ぐらいの勢いでステージに臨むのだが、必ずアタックがいなくなる。結果的にかなり薄めにするか、バイパスしなくてはならない。若干重くなってもアナログを持ってくるべきなのだった。と毎回思い知る。

 「夜のサイレン 朝の憂鬱」は次回はウクレレ・ベースにしてみよう。

Fender Precision Bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
AMPEG BA-112
 MS-60B: 160 Comp, Z Tron, Ba Detune, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年08月10日

ディスクユニオン 新宿 DUES

  「RESPECT YOKO ONO」
  和久井光司 MATRIX-2、藤本国彦(talk)
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥2,000 当日 ¥2,500

  和久井光司 MATRIX-2
和久井光司:vocals, acoustic guitar
澄田健:guitar, backing vocals
柴田奈穂:violin, backing vocals
藤原マヒト:korg synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. 街角で「コヨーテ」を聴いた
2. Only You
3. What Did I Do
4. Now Or Never
5. Every Man Has A Woman Who Loves Him
6. I'm Moving On
7. 夢をもとう

  アンコール
・Imagine(Grapefruit Version)



 達者なギタリストに、柴田さんも、マヒトくんもいて、かなりな音圧でゴージャスな編成。キーボード用アンプがもっとしっかりしていたら、さらに良かったなぁ。

stage.jpg


 レノンさん、オノさんのバックアップミュージシャンは素晴らしい人ばかりで、(ギャラも法外に良いのをもらっているのだろうから当然といえば当然だが)聴くたびにとっても勉強になる。アイディアも結構持って行かれたり…。

Fender Precision Bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
Hartke HA3500 + EDEN D-410XST8-E
 MS-60B: OrangeLim, Z Tron, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年07月28日

川崎 クラブチッタ アティック

  「和久井光司の言わずに死ねるかッ! vol.33」

  対談 和久井光司、めおと楽団ジキジキ、安部OHJI

  演芸 めおと楽団ジキジキ

  オジコジ
和久井光司:vocals, acoustic guitar
安部OHJI:bass

  GUESTS = めおと楽団ジキジキ on 5、6、7、アンコール
世田谷キヨシ:guitar
カオルコ:vocals, melodica

1. 甘い誘惑
2. 女は生きる
3. Coney Island Baby
4. 幸せって、つまんない
5. 野村さん
6. 漕げよマイケル、あと500マイル
7. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・All You Need Is Love



 おとぼけキャッツでギタージャンボリーのようなスンバラシイ演奏されていた人と一緒にできたのだ。超楽しいのだ。

jikijiki.jpg


 昨日はnombresのライブを和田アキラさんが見にきてくれたのだが、今日はジキジキの来住野さんから、アキラさんがおとぼけとセッションした話を聞いた。なんか、いろいろと楽しい今日この頃。

Fender Precision Bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
ASHDOWN ABM-C210 T 500 EVO III
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司