2009年01月09日

西荻窪 Terra

出演:hirokophone、R・O・M・A

R・O・M・A
村松邦男:electric guitar, voals
安部OHJI:electric bass, vocals
直蘭:melodica, vocals
熊谷太輔:drums
spacer.gif

  1. Mosquito in December (村松邦男)
  2. ノルウェーの森 (安部OHJI)
  3. BooDoo Child (村松邦男)
  4. 何処いく? (安部OHJI)
  5. 願いのかなた (直蘭)
  6. 右を下にしておやすみ (安部OHJI)
  7. ADSL (安部OHJI)
  8. ゴミ箱のパン (村松邦男)
  9. 恋のバカンス (直蘭)
  10. TUBE-MAN (安部OHJI)
  11. ジン・テン・モン (村松邦男)
  12. 天国ぢゃ (安部OHJI)
アンコール
・And Johnny Come Home (村松邦男)



 一昨日はリハーサル不参加であったみっぴ氏。6時過ぎ頃、体調不良で休んでいるとのメールがあった。ということで、今日も参戦不可能となる。2/7は大丈夫であろうか?

spacer.gif

 もう3回目のR・O・M・A市民となり、「願いのかなた」の歌にも余裕が感じられるようになってきた直蘭だが、やはり「Mosquito in December」でのバンパイアぶりが強烈だった。リハーサルでは最初オクターブ下の音域で歌っていたのだが、「オクターブ上でヒステリックにお願い!」という村松サンのリクエストで、12/14のフェイターン嬢に勝るとも劣らないモスキートになったのだった。

 「ノルウェーの森」は実は「Let It Be」のエンディングで終わるハズだったのだが、村松サンが忘れていて、ぼくが一人で演奏することになってしまった。これでぼくの一勝だったらしい。

 「何処いく?」はライブでは初めてCDと同じイントロのギターリフを使ったアレンジにしたのだが、当日リハーサルで「エンディングは3拍子にしよう」と自分でアイディアを出したにも関わらず、本番では忘れてしまっていた。「これで一勝一敗」と村松サン。

spacer.gif

 新企画コーナーは12/26に天窓から帰って来たらPCがネットにつながらなくなっていたことを歌った「ADSL」という新曲。いったい何が新企画かというと、この曲は自宅でメロディと歌詞、コード進行だけを決めておき、リハーサルは一切しないで、ライブ中のステージで譜面を配って、突然演奏するという趣向である。

 自分でもウクレレの練習もせず、歌もちゃんと声に出して歌うような準備はしなかった。なのでウクレレは4小節行ったところで挫折することになり、歌はかなり低い声域に集まっていたのだった。と企画倒れギリギリの割には、見て、聴いている方としてはおもしろかったらしい。12/27にヤフーBBに電話するところまでで今日の分は終わり。続きは来月21日のTerraライブで披露する予定。

 一昨日のリハーサルで一番時間をかけてリアレンジした「TUBE-MAN」だが、まだまだこなれていない。ベースラインはおおまかな感じはわかっているのだが、細部の処理が粗いのだ。でもAメロで音程を変えない歌い方をするのは良かったようである。

spacer.gif

 リハーサルでも「And Johnny Come Home」がとても自然にできたという熊ちゃんはノーマルなドラムセットをプレイするのは珍しいらしいのだが、いろんなスタイルに自分をアダプトするのがうまい人である。やはりパーカッション型の人なのだろうか?

posted by OHJI at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | R・O・M・A ライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25356505

この記事へのトラックバック