2018年10月26日

はまだ周平 - ヴァイオリン・ダビング

  @ 東十条スタジオ

  演奏メンバー
柴田奈穂:violin on チャーリーとバスター



 バイオリンのダビング。当初弦カルの予定だったが、柴田さん一人でダビング作業に変更。また面白いものができそうである。ヘッドアレンジのギターダビングと違って、しっかりとした譜面があるので、作業がスムーズに進んでいく。

 問題点はやはり12インチのディスプレイ画面では作業がしにくいことだが、大きな液晶を持ち歩くというのも考えにくいので、仕方ないことなんだろうなぁ。

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音作業日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185266036

この記事へのトラックバック