2018年09月29日

新宿 御苑サウンド

  「涅槃に行っちゃおう vol.17」
  nombres、チエルームバンド
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  nombres
有近真澄:vocals
窪田晴男:guitar, vocals
小滝満:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
矢壁アツノブ:drums, backing vocals

  GUESTS
チエルーム、日比谷カタン:backing vocals
大和田千弘:piano

1. 真っ赤なトウガラシ
2. Peaches en Regalia
3. きみのそばに行くと バカになるぼく
4. Clans
5. 凍った月
6. 数を数えて (窪田晴男)
7. Hippie Hippie Graveyard
8. Jump For Joy

  アンコール
・Life On Mars?



 「Life On Mars?」のリハに時間を取られすぎた。出演者、スタッフの皆さん、申し訳ありません。

 今回はどうやっても2バンド演奏するというのが難しそうだったので、健太郎くんを紹介しました。そしたら、大変うまくマッチしていたような気がします。前回と比較するとバンド的にもまとまっていたように聴こえました。

 今日は初めてアプリで作成したコード譜をアイパッドに送信し、アプリ2で表示して、演奏してみた。バックライトで明るくて、非常によいのだが、字が小さいので、老眼鏡をかけると良く見えない。なので、お気に入りの老眼鏡がかけられない。ウーム。

 とりあえず、メガネを外して見るとちょうど良い感じ。でも字が小さくて、見えるギリギリなので、12インチを買った方が良いような気がする。その場合、予算はどうするのであろうか?一方、ページめくりペダルは来週届く予定。

 こういう方向でいければ、いずれは紙譜面をなくすことができるかもしれない。すでに自分の書く譜面のほとんどを何らかのアプリで作っているので、自分の作業が特に変わることはないし、頂戴した譜面はまずはスキャンすればよろしい。もしそれが可能なら、大幅な省スペースを実現することができる。以前は夢物語だったが、今はちょっと投資すれば、できてしまう。

 さらにはマイクスタンドに固定するホルダーも用意する必要があるけれど、そうなると荷物がまた増える。MacBook Air関連はもうかなりシェイプアップしている状態なので、ペダルを考え直した方が良いのかも。一度BOSSのマルチを使ってみても良いのかもしれない。

 ピアノが入るときの「Life On Mars?」はPitch Forkをカット。

 御苑サウンドのフェンダーベースマンが使用可能な状態に復活するには、まだまだ時間がかかるようだ。大変気に入っていたので、とても残念。

Ibanez BTB1406
 ↓
DigiTech Bass Synth Wah
Electro-Harmonix Pitch Fork
Bogner HARLOW
MXR bass chorus deluxe
Electro-Harmonix FREEZE
ZOOM MS-60B HUMBACK Engineering MOD
tc electronic polytune
 ↓
AMPEG SVT350 + 10inches x 6 cabinet
 MS-60B: FilterDly

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | nombres
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184556210

この記事へのトラックバック