2017年11月26日

新宿 御苑サウンド

  「涅槃に行っちゃおう vol.9」
  nombres、okarka
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  nombres
有近真澄:vocals
窪田晴男:guitar, vocals
小滝満:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
矢壁アツノブ:drums, backing vocals


IMG_1614.JPG


1.真っ赤なトウガラシ
2.Hippie Hippie Graveyard
3.君のそばに行くとバカになるぼく
4.Clans
5.数を数えて
6.Space Oddity
7.Jump For Joy
8.Peaches en Regalia

  アンコール
・怒りの神




IMG_1597.JPG

 okarkaさんは以前に徹くんに「最近、自分のバンドは?」って尋ねたら、「健太郎さんと演ってます。」という超意外な返事にビックリして、CDを頂戴して、何度も聴いていた。が、実際にはこのように強烈な70年代サウンドだとは!キーボードレスの山岸潤史スーパーセッション・バンドというようなサウンド!

 あ、ルックスもだ!

 セットリストは前回のBYGがオリジナルばっかりだったこともあり、「あれ、こんなに長く演ってないのかぁ・・・」的な「Space Oddity」と「Peaches en Regalia」を重点的に演ってみました。リハーサルで演ってみたら、細部はけっこう忘れていたりして。

 nombres、今日のドレスコードは「まっくろけ」ということだったが、黒いワイシャツを廃棄したばかりだったので、シャツだけ白系になってしまった。申し訳ありません。

IMG_1616.JPG


 「Jump For Joy」のイントロ、やっと慣れてきたが、ピックと薬指のコンビネーションはバランスが難しい。

 「Space Oddity」のフレーズは何かもう一捻りピリッとしたいのだが、ちょっと方向が見えないなぁ。いっそブリブリな中低域にするとかで活路を見出せるかしら?


IMG_E1593.JPG


 それにしても健太郎のベースは低域がものすごかった。GUYATONEの低域エキサイターらしきものが画期的なのだそうだ。健太郎はBogner HARLOWが気に入ったらしい。彼の最近の写真を見て、「うわ!新しいフレットレス!5弦だし!」と思っていたのだが、「会うといつも新しいベースだね!」と言われた。お互い様ということかww

Ibanez BTB1406
 ↓
DigiTech Bass Synth Wah
Bogner HARLOW
ZOOM MS-60B
 ↓
Fender BASSMAN 135 (12inches x 4)
 MS-60B: Ba Detune, ModDelay2, tuner

MacBook Air
 ↓
LINE6 UX2
 Hippie Hippie Graveyard: Gregorian chant loop, DX bells
 Space Oddity: rhythm loop by Kotaki

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | nombres
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181696609

この記事へのトラックバック