2017年10月13日

今日のポイント 8

 コードは分解するとトライアドに分けられる。コード分散も分解したトライアド単位で演奏するとジャンプの少ないメロディが可能になる。

 「357→579」などと創って行く場合には、コネクション・コードを挿入して「357→468→579」という流れも美しい。

posted by OHJI at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録のいろいろ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181614513

この記事へのトラックバック