2017年06月07日

ディスクユニオン 新宿 DUES

  「10年ぶりのシングル”街角で「コヨーテ」を聴いた”発売記念 Special Live」
  和久井光司ストリング・バンド
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥2,500 シングル付¥4,000
  当日 ¥3,000 シングル付¥4,500

  和久井光司ストリング・バンド
和久井光司:vocals, acoustic guitar
菊池琢己:guitar, backing vocals
柴田奈穂:violin, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. まだまだ
2. 野村さん(a.k.a. Nowhere Man)
3. Aviva U-can どっちか(a.k.a. Drive My Car)
4. 表現
5. DNAブルース
6. 女は生きる
7. ヘリンボーン/ジェリービーン 
8. Blind Willie McTell
9. 幸せって、つまんない
10. オハヨウ(a.k.a. OHIO)
11. 漕げよマイケル、あと500マイル
12. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・風に吹かれて
・ All You Need Is Love



 した人がみんな「スゲエよ」と言うので、出かける前にマルチ・エフェクター「ZOOM MS-60B」のファームウェア・アップデータというのを行ってみた。そしたら今まで58種類だったエフェクトに新たに84種類が加わって、142種類になった。そんなにも多くのエフェクトを2、30分で聴いてみるのは無理なので、確認するのはあとにして出かけた。その割にがま口を何処に置いたかわからなくなって、ちょっと遅れてしまったのだが、それは置いておいて。

 なんか、オレンジ・スクイーザーとか、すごく懐かしいもののモデリングも入ったりなんかして、盛り上がって、とりあえず幾つか使ってみた。目立たないように使ったが、使いすぎかも。まぁ、こういう値段のものなのでそんなに抜群ではないけど、ちょっと便利な組み合わせエフェクトなどもふんだんに入ってて、結構重宝するのかもね。

 ここのアンプはちょっと荒馬な感じ。マスターヴォリウムを絞っても、強くヒットするとドカンというアタックが出る。ある意味すごいな。昔なら次の日楽器屋に行くレベル。Heartkeは別に普通にスタジオなどによく置いてあるものなので、EDENのボトムがすごいのだろうか?そんなことってあるの?

 バンドの演奏の方はもう「安定の安定」。琢己くんと演奏すると故郷に帰った感じ。マーシャルのアンプが「前にストレートに出る割に浮き沈みが激しい」という話をしてたら、琢己くんの口から「電圧」の2文字が出た!不安定だったそうだ。ギタリストだねぇ。

Fender Precision Bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
Heartke HA3500 & EDEN D-410XST8
 MS-60B: SlowATTCK, OrangeLim, Z Tron, BaFzSmile, Flip Top, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 和久井光司
この記事へのコメント
ありがとうございました。
時間はタカラ
時間はチカラ
ただsimpleに
そこにあるbeatがうれしかったです!
Posted by sei at 2017年06月14日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179981873

この記事へのトラックバック