2017年05月28日

新宿 御苑サウンド

  「涅槃に行っちゃおう vol.5」
  nombres、SHEEP
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  nombres
有近真澄:vocals, percussions
窪田晴男:guitar, vocals
小滝満:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
矢壁アツノブ:drums, backing vocals

1. Unstuck In Time
2. 真っ赤なとうがらし
3. 君のそばに行くとバカになるぼく
4. Space Oddity
5. 数を数えて (窪田晴男)
6. Clans
7. Jump For Joy
8. Sunday Morning

  アンコール
・Peaches en Regalia
・なんとかしろよ



05282.jpg

 今日はなぜかは知らねど、窪田晴男節が結構炸裂してましたね。最近はSHIROでも、窪田晴男弾き語りでも炸裂傾向が見受けられるのですが、クールな人と思っていらっしゃるお客様は違和感はないのでしょうか?というかそれも感じている隙を与えない凄さが出てきましたね。(笑)CHAKAやKONAとスターパインズでライブした時はそんなでもなかったと思うのですが、その時は技を温存していたのでしょうか?このまま行ったら、最後はどういうMCを展開してくれるのかが興味津々です。

 新しいアンプを導入して、ギターの音色も最高に伸びやかでした。

05281.jpg

 SHEEPさん、やっぱスンバラシイですね!普通、10ccやパイロットやセイラーや、王道ブリティッシュ・ポップスをお手本にすると甘〜い砂糖菓子みたいなとこだけいいとこ取りみたいな感じになっちゃって、数曲で飽きるんですけど、SHEEPさんは山あり、谷あり、ウィットやひねくれもバリバリで半端ではなかったのだす。前日のお二人5mmにもビックリしましたが、堀尾さんのアレンジはたとえどんな編成であろうとも、伝統UK技が、あるときは華やかに、あるときは渋ーく散りばめられていてゴイスですね!その辺はG&Cを感じてしまいます。

 ちなみに小泉くんと田中くんと三人揃って会ったのは本当にサイズ以来で、世紀をまたいでしまいました。堀尾さん、ありがとうございます!

05285.jpg

 今日は「トーキング・モジュレータとは考えたねぇ!」とお褒めの言葉をいただいたのですが、これが入ってる箱がかさばるんですよね。「このままではMacBookを持ち運ばなくたって、荷物多いじゃんか!どうしてくれるの!意味がないっしょ?!」ということになり、思い切って、今まで禁断にしていたエフェクト・ボードに着手しました。とは言っても禁断化していた古いボードを引っ張り出して、いろいろ並べたり、新しいパッチケーブルを作ったり、結線したりしているのですが…。ちょっとの間禁断化しているうちにエフェクト・ボードも、エフェクト・ループ・スイッチャーも、パッチケーブルも、パワー・サプライもどえらい進化していました。それをWEBでお勉強しているとアッという間に時間が過ぎて行きます。

05286.jpg

 こういうのって、楽しいですよね〜。オタク心に火が灯ります。ちょい前ならMIXIのコミュ、今はFBのグループに参加したりして、さっぱり作業が進まなかったり。orz

 それだけなら良いのですが、今日は前々日にボードをあれこれしていた関係でオートワウを自宅に忘れてきました。別に「絶対必要」というようなものではないので、困りはしませんが、「だったら何で使うんだ〜!」という本末転倒なガックリ大会を密かに自分の中に押し込めたりと、自分的には結構大変な日であったわけです。

05284.jpg

 その上ドラム全とっかえということで、慌ててまして、トーキング・モジュレータのホースを引っ張りだし過ぎました。そのため、モジュレータを使ったフレーズがなんとも中途半端なものになってしまいました。次回スタジオには行った時には、マジックで印をつけた方が良さそうです。そんなことはもっと早くしておけよー > 俺。 orz

 そしてさらには本来決まっていたのはアンコールの「Peaches en Regalia」までなのですが、それはいつも有近くんがアンコールまで本編として進めてしまうので、最後に「怒りの神」を演ろうとして隠し玉にしておいたわけです。でもそしたら、他のメンバーは「なんとかしろよ」を演りたいということでこういうことになりました。隠し事はやめておけ!という教訓ですね。チャンチャン。

 でも、まあ、加納くんがいなくても、御苑サウンドでのライブはできるのだということが、わかって良かったです。というわけで、今日からセッティングも記録することにしました。

05283.jpg

Fender Precision Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
ZOOM MS-60B
MXR Talk Box
 ↓
Fender BASSMAN 135 (12inches x 4)
 MS-60B: Ba Detune, Delay, tuner

MacBook Air
 ↓
MOTU 8pre
 Unstuck In Time: rhythm loop, pad
 Space Oddity: rhythm loop by Kotaki

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | nombres
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179905752

この記事へのトラックバック