2017年05月03日

名古屋 今池 Valentine Drive

  「和久井光司トリオ+「街角でコヨーテ」SPRING TOUR 2017」
  和久井光司トリオ、名古屋名物台湾ラーメンアメリカン、THE LOVE★JERRYS
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  和久井光司トリオ
和久井光司:vocals, guitar
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

  GUESTS on 13 & encore
タミコ、石井ヒロシ、akky:vocals
ウカイ☆チホ:alto saxophone

05032017.jpg

1. シリアス(〜メンバー紹介)
2. まだまだ
3. 表現
4. 泣かない女はいない
5. 娑婆にホトケ
6. Coney Ialand Baby
7. 女は生きる
8. 幸せって、つまんない
9. ヘリンボーン/ジェリービーン
10. Blind Willie McTell
11. 漕げよマイケル、あと500マイル
12. 街角で「コヨーテ」を聴いた
13. 風に吹かれて

  アンコール
・POWER TO THE PEOPLE



 一年半前に大なりのアルバム・リリース・ツアーで出演させていただいた、Valentine Drive。今回は和久井光司シングルリリースツアーで。ギターもピアノもいないので、やたらとリードベースのような形でベースを派手に引く羽目になり、ちょっとワケワカメ。で、演奏に集中するあまり、アンプのセッティングをエッジ出したい時に甘く、ブリブリにしたい時に硬く設定してしまって、余計に意味不明になってしまった。と言っても大幅に音が変わるのではなく、ましてやそれによってフレーズが良くなる・悪くなる云々ということはないので、あまり関係ないといえば、関係ないのだが。

 対バンの名古屋名物台湾ラーメンアメリカンのヴォーカルは一昨年R・O・M・Aで歌ってもらったタミー嬢。良くもまあ、こんなにハチャメチャなバンド名を思いついたなぁ!とビックリしていたのだが、後で聞いたら、名古屋には本当に「台湾ラーメンアメリカン」なるものが存在するのだそうだ。流石に名古屋!恐るべし!
 
 ライブのMCで、妻に必ず一方的に怒られる、という一言がウケた。
 というか、ライブが終わってからもみなさんがウチもそう、ウチもそう、と声を揃えての同意。
 どうやら日本の夫婦とはそういうもののようだ。

 一昨年も今日も打ち上げで行ったのは「TOKUZO」。マリさんの大きなポスターが貼ってあり、とても似ている晴男くんや北さんのイラストも描いてある。なんだか嬉しい気持ち。それも関係しているのかもしれないが、お店の雰囲気が76〜7年頃の下北ロフトとクロコを足したような感じ。いいのう。

posted by OHJI at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 和久井光司
この記事へのコメント
ふふ、お幸せなご家庭ですな。ウチは、生あたたかい家庭が目標。
飛び跳ねるOHJIさん、カッコイイ。また観たいのであ〜る。
Posted by まろの下女 at 2017年05月11日 01:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179689032

この記事へのトラックバック