2016年10月16日

中野 オルタネイティヴ・カフェ

  「meatware on the corner vol.1」
  大槻さとみ、麻子&半ちゃん、村男
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥2,000 当日 ¥2,500

  大槻さとみ
大槻さとみ:vocals, accordion
関口祐二:acoustic guitar
安部OHJI:bass
やまだ晴香:percussions, backing vocals

1. Tidepool
2. 満月が隠れたら
3. あれやこれ
4. Save The Last Dance For Me
5. Boodoo Child
6. Home Sweet Home

  アンコール
・Stylish Blue



 今日は面白い組み合わせ。イベントタイトルはリンディスファーンの曲タイトルをもじった。

 村男氏は楽曲も歌もパフォーマンスも本当に素晴らしい。アイディアも様々な感情、意見もストレートに入ってくる。こういう人のライブこそ、多くの人が見るべきものだと思う。

 「麻子&半ちゃん」は「虹とライオン」というバンドのヴォーカルとギターの方のDUOユニット。バンド編成の時に感じたロックンロール・フレーバーが希薄で、POPなフォークブルースという雰囲気。バンド形式だとそのフレーバーが大きな特色になっていて、「ロックンロールバンドの荒々しいイメージと麻子さんのポップな面がちょっとアンバランスで面白い」というところまでしか見えてこないのだ。が、このユニットでは二人のポップな部分がきれいにハーモナイズされていて、とても良かった。昭和に活躍した歌謡曲ライターチームさえ想い出す作風も面白かった。要は「アコギだと聴いている方がPOPな部分に耳を持って行かれる」ということかもしれない。

1016.jpg


 われわれは今朝リハーサルしてから来た、付け焼き刃のようなユニットだったが、まあ、なんとか大惨事もなく、一応ちゃんと終わることができてよかった。ドンカマ使うのも今朝リハーサル中に決めたことなので、こなれてない。次回は十分に消化して挑みたいのだが、果たしてどうなることやら。

 それにしても、フェンダーのサイドキックはあんなになりは小さいのに、しっかりした見事にフェンダーな音を出してくれる。感服仕りました。

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大槻さとみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177308823

この記事へのトラックバック