2016年02月04日

横浜 Stormy Monday

  nombres
  OPEN 19:00 START 20:00
  ADV ¥2,800 DAY ¥3,300

  nombres
有近真澄:vocals
窪田晴男:guitar, vocals
小滝満:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass, backing vocals
矢壁アツノブ:drums

  set 1
1. Unstuck in Time
2. Space Oddity
3. The Man Who Sold The World
4. Andy Warhol
5. Ashes to Ashes
6. Queen Bitch
7. Suffragette City

  set 2
1. 真っ赤なトウガラシ
2. Jump For Joy
3. Clans
4. Addiction
5. きみのそばに行くと バカになるぼく
6. 怒りの神
7. 数を数えて

  アンコール
・Peaches en Regalia



 今回のドレスコードは縞のネクタイだった。小滝のはJUNだったそうだ。ぼくのもDOMONの70年代後半の製品であった。

 今日一番のサプライズはイフェクターテクニシャン(誰も紹介してくれないので、ぼくはそう考えたのだが)の一杉さんがミック・ロンソンが使っていたトーンベンダーのレプリカを作って持ってきてくれたこと。窪田くんは去年まで使っていたマルチエフェクトペダルが故障して、紆余曲折の後にストンプボックスを組み合わせたボードを完成させつつあったのだけれど、それの足りないところが一杉さんの持ってきてくれたペダルで埋まったのだそうだ。実際、そのペダルを使った窪田くんのソロは水を得た魚というのか、前日のリハまでとは別人28号なすばらしさでござんした。

 アナログエフェクトが良いというのは今までも感じていたけれども、こだわりのテクニシャンの人と技術の高い演奏家に関わると全く別問題な次元に突入することが良くわかりました。

 新曲の「Clans」はミュータントに追いかけられる歌。nombres の歌詞はどれも荒唐無稽と思われるかもしれないが、SFちっくな歌詞はどんどん普通になっていく。日本の原子力発電所で事故が起こり、放射性物質が漏れ出すとか、人々が平和に暮らす国の隣で核兵器を使って戦争しているなんて言ったら、30年前は鼻で笑われたと思うのです。

posted by OHJI at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | nombres
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173664920

この記事へのトラックバック