2017年11月26日

新宿 御苑サウンド

  「涅槃に行っちゃおう vol.9」
  nombres、okarka
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  nombres
有近真澄:vocals
窪田晴男:guitar, vocals
小滝満:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
矢壁アツノブ:drums, backing vocals


IMG_1614.JPG


1.真っ赤なトウガラシ
2.Hippie Hippie Graveyard
3.君のそばに行くとバカになるぼく
4.Clans
5.数を数えて
6.Space Oddity
7.Jump For Joy
8.Peaches en Regalia

  アンコール
・怒りの神




IMG_1597.JPG

 okarkaさんは以前に徹くんに「最近、自分のバンドは?」って尋ねたら、「健太郎さんと演ってます。」という超意外な返事にビックリして、CDを頂戴して、何度も聴いていた。が、実際にはこのように強烈な70年代サウンドだとは!キーボードレスの山岸潤史スーパーセッション・バンドというようなサウンド!

 あ、ルックスもだ!

 セットリストは前回のBYGがオリジナルばっかりだったこともあり、「あれ、こんなに長く演ってないのかぁ・・・」的な「Space Oddity」と「Peaches en Regalia」を重点的に演ってみました。リハーサルで演ってみたら、細部はけっこう忘れていたりして。

 nombres、今日のドレスコードは「まっくろけ」ということだったが、黒いワイシャツを廃棄したばかりだったので、シャツだけ白系になってしまった。申し訳ありません。

IMG_1616.JPG


 「Jump For Joy」のイントロ、やっと慣れてきたが、ピックと薬指のコンビネーションはバランスが難しい。

 「Space Oddity」のフレーズは何かもう一捻りピリッとしたいのだが、ちょっと方向が見えないなぁ。いっそブリブリな中低域にするとかで活路を見出せるかしら?


IMG_E1593.JPG


 それにしても健太郎のベースは低域がものすごかった。GUYATONEの低域エキサイターらしきものが画期的なのだそうだ。健太郎はBogner HARLOWが気に入ったらしい。彼の最近の写真を見て、「うわ!新しいフレットレス!5弦だし!」と思っていたのだが、「会うといつも新しいベースだね!」と言われた。お互い様ということかww

Ibanez BTB1406
 ↓
DigiTech Bass Synth Wah
Bogner HARLOW
ZOOM MS-60B
 ↓
Fender BASSMAN 135 (12inches x 4)
 MS-60B: Ba Detune, ModDelay2, tuner

MacBook Air
 ↓
LINE6 UX2
 Hippie Hippie Graveyard: Gregorian chant loop, DX bells
 Space Oddity: rhythm loop by Kotaki

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | nombres

2017年11月25日

刈谷 cafe Nation

  「AUTUMN-愛知-TOUR 2017」
  和久井光司クァルテット、THE LOVE★JERRYS
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  和久井光司クァルテット
和久井光司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano, Korg synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. 表現
2. 泣かない女はいない
3. 娑婆にホトケ
4. ヘリンボーン/ジェリーピーン
5. 風に吹かれて
6. Camera! Camera! Camera! with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
7. 晴れた日に永遠が見える with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
8, 幸せって、つまんない
9. 希望と自由
10. 漕げよマイケル、あと500マイル
11. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・All You Need Is Love
・Imagine
・夢よ叫べ




20171125.jpg


Ibanez BTB1406
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
AMPEG BA-112 (多分)
 MS-60B: M-Filter, tuner

posted by OHJI at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年11月24日

小牧 The Scratch

  「AUTUMN-愛知-TOUR 2017」
  和久井光司クァルテット、和久井和佳子、はまだ周平
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  和久井光司クァルテット
和久井光司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano, Korg synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

20171124_1.jpg


1. 表現
2. 娑婆にホトケ
3. ヘリンボーン/ジェリーピーン
4. 風に吹かれて
5. シャボン・シャボン with 和久井和佳子 on vocals
6. Down Town with 和久井和佳子 on vocals
7. 無重力☆ノイローゼ with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
8. 低血圧ブルース with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
9. Camera! Camera! Camera! with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
10. 晴れた日に永遠が見える with はまだ周平 on acoustic guitar & vocals
11, 幸せって、つまんない
12. 希望と自由
13. 漕げよマイケル、あと500マイル
14. 街角で「コヨーテ」を聴いた

20171124_2.jpg


  アンコール
・All You Need Is Love
・Imagine
・夢よ叫べ




20171124_3.jpg


Ibanez BTB1406
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
HARTKE LH1000 head + SWR Goliath cabinet
 MS-60B: M-Filter, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年11月23日

名古屋 今池 Valentine Drive

  「AUTUMN-愛知-TOUR 2017」
  和久井光司クァルテット、銀河歌謡ショウ
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  和久井光司クァルテット
和久井光司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano, Korg synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals


IMG_1591.JPG


1. 表現
2. 泣かない女はいない
3. 娑婆にホトケ
4. 女は生きる
5. ヘリンボーン/ジェリーピーン
6. Blind Willie McTell
7. 風に吹かれて
8, 幸せって、つまんない
9. 希望と自由
10. 漕げよマイケル、あと500マイル
11. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・ All You Need Is Love
・ Imagine




20171123_2.jpg

 銀河歌謡ショウはイントロ、間奏などが洋楽完全コピーで、それに邦楽の歌が乗っかって、無理のないように演奏のコードやプレイスタイルを手直しするという強力に高度な技術を使うバンドであった。素晴らしい!

 2年前に「大なり><小なり 」のアルバム・リリース・ツアーでこの Valentine Drive に来る前に youtube で拝見させていただいて以来、ずっと見たかったのだが、やっと本物に遭遇できて、満足だったのだす。

 安部は他のバンド・メンバーと関連性を全く考えていない「無駄にサイケな」衣装。実は前日までフレーズを考え直していて、衣装を考える時間がなかったのであった。orz

20171123_1.jpg


 演奏面ではアップライトピアノのチューニングに苦戦したリハーサルだったが、最終的にはなんとかなった。

 打ち上げで名古屋にはサイズのファンが多くいることが分かった。そういう歳の方々が今はいろいろと中心になって日本を支えているのかもしれない。そしてこんなものも頂戴してしまった。


IMG_1587.JPG


 打ち上げで得三に行ったら、マリさんのポスターの晴男くんがかわいらしい。北さん、クリソツ。

Ibanez BTB1406
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
ACE TONE Solid Ace-8
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年11月22日

ガーゼ終了

 17日。
posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全摘後のいろいろ

2017年11月20日

今日のポイント

 1回目以外に良いテイクがあるとすれば、練習録音して、その後本番に移行、何度か演奏して、「もういいのあったよな〜。」と力が抜けた時である。

posted by OHJI at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是決戦

2017年11月18日

今日のポイント

 オープン・ハイハットは必ず閉じること(笑)

posted by OHJI at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是決戦

2017年11月17日

今日のポイント

 録音する時はまず譜面を書き、ミックスする時はまずマーカーを作成すること。むやみに始めても時間の無駄である。

 ミックスする際にはもうマーカーができているのが便利だが、STEMファイルを書き出し、DAWを変更して、新鮮な気持ちでミックスに臨む場合はもう一度マーカーを作って、構成を確認するのも良いことだ。

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是決戦

2017年11月16日

今日のポイント

 取説・マニュアルは落ち着いて読むべし。探したいことに夢中になり、盲目的になっていると全く見つからない。

posted by OHJI at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是決戦

2017年11月15日

今日のポイント

 良く長いMIDIケーブルは遅延の元と言うが、DAWやプラグイン自体のレイテンシーの方が強烈な場合の方が多い気がする。

 などと言いながら、いまどき、5m、7mのMIDIケーブルを購入しようとしている。

posted by OHJI at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是決戦

2017年11月14日

はまだ周平 - ダビング

@ 目黒 エーススタジオ

晴れた日に永遠が見える:ギター・ダビング
 竹中健:electric and slide guitar

Camera ! Camera ! Camera !:ヴォーカル・ダビング
 はまだ周平、和久井光司:vocals



 今日になって、すでに締め切りが近いことが判明。あせらず行こう。

 いや。すでに「今日」ではなく、「明日」になっていた。

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音作業日誌

2017年11月12日

渋谷 七面鳥

 「安部OHJI presents ねじまき算定機 vol.11」
  パセリーズ、Toshi The Groove、大槻さとみ
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥2,500 当日 ¥3,000

  大槻さとみ
下記参照

  パセリーズ
長谷川友二:vocals, acoustic - electric guitar
森下寿一:vocals, keyboards
安部OHJI:fretless bass
吉田宏治:drums, backing vocals

1. Scarborough Fair
2. Freedom
3. はじまり
4. CANCER
5. はやく家に帰ろう
6. Silly Love Letters
7. REIKA
8. 七つの夏 -1967-
9. 回想の街
10. アイシテヨ

  アンコール
・REIKA



 「パセリーズ」とは7月にオルタネイティブ・カフェで突然お手伝いしてから4ヶ月ぶりの演奏。今回はドラムも入って、事前リハーサルも行い、ちょっと本格的。中心人物のお二人にとっても12回目のライヴなのだそうだ。

 初めてのバンド形式!といっても他人のサポート仕事も多いお二人は結構のんきで、キメキメの譜面もなく、いろいろなことがちょっとずつ臨機応変に変化して行く。この辺はR・O・M・Aにもよく似ていて、スタジオ・ミュージシャン系の人がバンド活動するとみんなこんな感じになるのかもしれない。というわけで、自分としても居心地は快適なのだった。

 そういうお二人であるから、技術的にはまったく安心なのだが、ギターの長谷川さんは見た目はまるっきりエレアコなギターで、今の今までJames Taylorやら、Neil Youngしていたかと思うと、そのまんまハードドライヴィングソロに行っちゃう身の軽さがものすごい。それだけでも驚愕なことなのに、ごく自然に弾きこなし、なおかつMCも楽しく、ステージを盛り上げる、すばらしさ!来年もまたいろいろありそうで楽しみ!

 自分的にはもう少しソロを詰めておくべきであった。というか、何もしてなかったのだ。深く反省中。

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他合戦の記

渋谷 七面鳥

  同上

  大槻さとみ
大槻さとみ:vocals, accordion
Yonafy:guitar, backing vocals
大島裕介:soprano saxophone, flute, clarinet
安部OHJI:fretless bass
山村牧人:drums

1. 5色の地球儀
2. 線路沿いの道
2. 満月が隠れたら
4. 記憶
5. ラストダンスは私に
6. tidepool
7. Home Sweet Home



 先月の教訓を活かして、今日は曲を少なめにしてみた。で、さとみさんの話もそんなにダラダラと長いわけではないのだが、やはり長い気がする。事前ミーティングしないといけないなぁ。

 山村さんのちょっと新鮮なドラム演奏に救われた日であった。BRIEFCASEにもありがとう!

 ところで16時ごろ、七面鳥の前にアナログ・レコード盤を多分1000枚以上満載してた軽トラックがあったのだけれど、あれは一体何だったのだろうか?この辺、昔はヨーロッパ盤専門店とかが多くありましたがね。

Spector Fretless Bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
PHIL JONES BASS BRIEFCASE
 MS-60B: Ba Boost, acoustic, tuner

posted by OHJI at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大槻さとみ

今日のポイント

 ワンコードはリフに始まり、リフに終わる。

posted by OHJI at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是決戦

2017年11月08日

はまだ周平 - ダビング

@ 王子スタジオ

晴れた日に永遠が見える:ベース・ダビング、ラフ・ミックス



 ティム・ドラモンドとリック・ダンコの中間みたいなフィーリング。

Fender Precision Bass
 ↓
EDEN WTDI

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音作業日誌

2017年11月07日

はまだ周平 - ベーシック・トラック

@ 東十条スタジオ

晴れた日に永遠が見える:ヴォーカル、ギター
 はまだ周平、和久井光司:vocals
 和久井光司:acoustic and electric guitar



 とりあえずドラムは様子を見るかんじ。

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音作業日誌

2017年11月05日

ガーゼ終了

 17日

posted by OHJI at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 全摘後のいろいろ