2017年08月28日

渋谷 gee-ge

  「TOKYO MOR CLIMAX 1」
  Honda Shinsuke & Duckshund(棚沢雅樹/細川潤/本間芳伸/本多信介)、R・O・M・A、コーノカオル
  OPEN 18:00 START 18:30
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  R・O・M・A
村松邦男:guitar, vocals
大槻さとみ:accordion, vocals
安部OHJI:bass, talking modulator
黒田佳宏:drums, backing vocals

1. 指切り (村松邦男)
2. かくれのみ (安部OHJI マウスワウ)
3. Boodoo Child (大槻さとみ)
4. Mosquito in December (村松邦男)
5. Monkeyらっきょ (安部OHJI マウスワウ)
6. ジンテンモン (村松邦男)
7. 天国ぢゃ (安部OHJI マウスワウ)



 TOKYO MORの田中さんのお誘いで7年振りに渋谷 gee-geに来た。そんな時でもなければ、なかなかこんなに広々としたお店でライブはできないなぁ。前回は「cross gross」が対バンであった。いんこ嬢は最近またお手伝いしているし、伴ちゃんとは和久井くんのバンドで良く会う。村松さんは宮崎くんと伴ちゃんとOLD LUCKY BOYSの活動をしている。 OLBにはnombresの小滝もいて、色々と入り組んでいる今日この頃。

 Honda Shinsuke & Duckshundさんははちみつぱいの本多さんのバンド。なので、すごいサイケ・アドリブ大会を期待して行ったら、これがもうたっぷりと一年分ぐらい楽しめました。すんばらC!

 どうもクイックシルバーを思わせるツインリードだなぁ。すげえ!と思っていたら、もう一人のギターの方は葡萄畑の本間さんでした。そうなると、なんだかMark-Almondみたいなヴォーカルも聴こえてきます。あ、ソフトセルじゃないですよ。

 そして、コーノくんも相変わらずすんばらC声!それだけでも持っていかれるのに、よく考えられた楽曲の数々でコーノワールドに引っ張り込みます。

 R・O・M・Aの方はモジュレーターもだんだん慣れてきて、マイクからの位置が遠くなったら、くわえたまま動かせるようになってきた。だが、これはこれで見映えが最低なようである。ルックスは良いに越したことはないので、あまり下衆に見えない工夫が必要かもしれない。

 待ち時間、なんとなく楽屋の天井を見ていたら、配管からケーブルが出ている。リズム録音の時にここをブースとして使用し、ガイドヴォーカル録音することができるのかもしれないな。要チェック。

 天ざるの天抜き、やっぱり知らない人が多くいるようですね。

Fender Precision Bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
TC ELECTRONIC RH750 & EV B-115 cabinet
 MS-60B: acoustic, tuner

MacBook Air
 ↓
MOTU 8pre
 ↓
MXR Talk Box
 かくれのみ、Monkeyらっきょ、天国ぢゃ: wah wah-clavinet

posted by OHJI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | R・O・M・A ライブ

2017年08月26日

鶴見 Rubber Soul

  「安部OHJI presents スティーム電池 vol.7」
  島へ行くボート、bjons、ミヤザキナオコ
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥2,000 当日 ¥2,500

  ミヤザキナオコ
ミヤザキナオコ:vocals, piano
安部OHJI:bass on 5,6,7 & 8

1. 途方に暮れる
2. 無題
3. To Be Awaking
4. ソーラン節
5. カイリ
6. 家族ごっこ
7. 北の方
8. スノードーム

  島へ行くボート
Yonafy:vocals, guitar
渡邉博海:guitar, vocals, bouzouki
小澤亜子:vocals, percussions
内藤朗:nord wave, piano
安部OHJI:bass
黒田佳宏:drums, backing vocals

1. 洗えるTV
2. Grass
3. とかなんとか (Yonafy、小澤亜子)
4. That’s Really Super Super Girl
5. All Of A Sudden
6. Blue Desert (小澤亜子)
7. Road Girdle The Globe
8. 壺
9. Living Through Another Cuba 〜
  Generals And Majors

  アンコール
・Making Plans For Nigel



 「DEAR GOD」がやりたい と、参加してくれたハッカイくんですが、5月のETCが歌ったのはショートバージョンということで、歌詞が足らずに、書き直すことにしました。

 ちなみに日本語タイトルは
クラクラする
スーパーガール
道路ぐるぐる
Living Through 今もフクイチ
自衛のハズなの
 です。次回は2曲ぐらい増えるかも。

 みやざきさんのサポートもやっとこなれてきたが、オートワウのかかり具合がどうもおかしい。設定変えてないのに、弾き方がまずいのか?あるいはそろそろ寿命なのか?家に帰ったら、もう一度チェックしなくては!

Fender Precision Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
DigiTech Bass Synth Wah
Bogner harlow
ZOOM MS-60B
 ↓
Marshall MB450H 450W Bass Amp Head & VOX T.60 speaker cabinet(みたいの)
 MS-60B: Ba Detune, Delay, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 島へ行くボート

2017年08月25日

安部OHJI - mix

@ 王子スタジオ

Trio The Jellyfish



 ミックスを一人で完了。23:28完成。

posted by OHJI at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音作業日誌

2017年08月24日

安部OHJI - ダビング

@ 王子スタジオ

Trio The Jellyfish: working title - Trio The Droids



 シンセ・ダビングを完了。17:32終了。

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 録音作業日誌

2017年08月19日

ガーゼ終了

 20日。たくさん使ったような気がしたが。

posted by OHJI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全摘後のいろいろ

2017年08月18日

渋谷 七面鳥

  「安部OHJI presents ねじまき算定機 vol.10:
    ポエトリー・リーディングとインプロヴィゼーションとディジタル・アートの夕方」
  さいとういんこ&稲葉雅巳、Secret Colors、
   DIGIT(中根信博、清水義文、関口祐二、内藤朗、山村牧人、安部OHJI)
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥2,500 当日 ¥3,000

  DIGIT
関口祐二:acoustic guitar
清水義文:guitar
中根信博:trombone
内藤朗:keyboards
安部OHJI:bass
山村牧人:drums

1. Vanillaの蝋燭
2. My Hometown
3. Found Out
4. 酸いも甘いも
5. Red Sun
6. Forever
7. Summertime

さいとういんこ
さいとういんこ:reading
稲葉雅巳:visual effects operation
安部OHJI:audio effects operation
関口祐二:acoustic guitar
清水義文:guitar
中根信博:trombone
内藤朗:keyboards
小林洋:bass
山村牧人:drums

1. 即興演奏(さいとういんこがキーワードを発表。リーディングはなし。)
   MC(約2分)
2. リーディング-1.トランプとアベ
3. リーディング-2.走りたい
4. リーディング-3.まじめに歩く
5. リーディング-4.結局は怒った方の勝ち?
   MC
6. リーディング-5.きもわる
7. リーディング-6.ジャズ
8. リーディング-7不思議なことばかり〜テレビはなぜうつるんだろう?
9. リーディング-8不思議なことばかり〜地球の反対側の人はなぜ落っこちないんだろう?
10. リーディング-9.絶望しない大人
11. リーディング-8.ハッピー




 一回のイベントで違うアーティストで違う役割を担当したりすると、準備が無茶苦茶忙しくて、必ず「もう絶対やらない」と強く思うのに、毎度のことで、今回もやっちゃった。企画する段階では、全く演奏する立場になっていないので、仕方がないといえば仕方がない。

 ギターの関口さんとは何度もライブしてたけど、今年の頭に清水さんと知り合いということがわかって、ぜひ3人一緒にライブしようということに。で、今日やっと実現しました。中根さん、内藤さん、山村さんという素晴らしいメンバーも一緒だった。そのうち、もう二人加えて演りたいなぁ。

 さいとういんこ嬢の方はといえば、一応このようにセットリストを決めておいたのだが、「全くこの通りに」とはいかなかった。本人ではないのでよくわからないが、「全然そうする気がなかった。」と言えるのかもしれない。

 途中、嬢がバンドに「ギターとピアノだけで」とか、「このまま演奏してください。」とか、指示する場面があったが、いくらインプロといっても、これくらいのことは軽くリハーサルをして、やってほしいことが決まっている部分はバンドに伝えておいた方が良いであろう。この日もリハをするにはしたのだが、さいとういんこ嬢にはインプロのアカンパニメントが初めての経験だったので、要領がわからなかったのだろう。というか、わたしとてそんな出しものを企画したのは初めてであって、さっぱり要領が掴めなかったのだった。

 リアルタイムFXは鍵盤上に並べた楽器を作成する必要があると思われる。なーんて悠長な感じではなく、次までには作っておこう。必須だす。

Spector Fretless Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
ZOOM MS-60B
MXR Talk Box
 ↓
Phil Jones Bass Briefcase
 MS-60B: Ba Detune, tuner

posted by OHJI at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他合戦の記

2017年08月12日

武蔵小山 Again

 「はまだ周平の武蔵小山保証協会 Act.08」
  はまだ周平、和久井光司クァルテット、河村博司
  OPEN 18:00 START 18:30
  予約 ¥2,500 当日 ¥3,000

  はまだ周平:vocals, guitar

1. HAPPY ENDING
2. ブルースを唄わないで

  河村博司
河村博司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano on 5 & 6
安部OHJI:bass on 5 & 6
伴慶充:drums on 5 & 6

1. 渚から
2. 青天井のクラウン
3. 愛のテーマ
4. フラクタル
5. ( What’s So Funny ‘Bout ) Peace, Love, Understanding
6. やわらかな時

  和久井光司クァルテット
和久井光司:vocals, guitar
藤原マヒト:piano, synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

  GUEST on 7 & 8
河村博司:guitar, backing vocals

1. まだまだ
2. 女は生きる
3. 表現
4. 硝子のジョニー 〜 お前がパラダイス
5. 幸せって、つまんない
6. ヘリンボーン/ジェリービーン
7. 漕げよマイケル、あと500マイル
8. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  はまだ周平+和久井光司クァルテット
はまだ周平:vocals, guitar
和久井光司:guitar, backing vocals
藤原マヒト:digital piano, synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. 無重力ノイローゼ
2. Camera ! Camera ! Camera !
3. 夜のサイレン/朝の憂鬱
4. 低血圧ブルース
5. 64年メドレー
6. 素晴らしき哉、人生!

  アンコール(全員)
・武蔵小山保証協会のテーマ




0001.jpg


 河村博司さんとは今まで、映画音楽、録音、ライブなど、いろいろな仕事ですれ違っていて、今日が初対面というのがとても不思議な感じ。演奏内容もとても懐かしいようなラヴリーな。

 コンプレッサーはデジタルだとどうしても効きすぎて、引っ込んだ感じになってしまう。家でセッティングをいろいろと試して、「これならば!どうだ!」ぐらいの勢いでステージに臨むのだが、必ずアタックがいなくなる。結果的にかなり薄めにするか、バイパスしなくてはならない。若干重くなってもアナログを持ってくるべきなのだった。と毎回思い知る。

 「夜のサイレン 朝の憂鬱」は次回はウクレレ・ベースにしてみよう。

Fender Precision Bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
AMPEG BA-112
 MS-60B: 160 Comp, Z Tron, Ba Detune, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年08月10日

ディスクユニオン 新宿 DUES

  「RESPECT YOKO ONO」
  和久井光司 MATRIX-2、藤本国彦(talk)
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥2,000 当日 ¥2,500

  和久井光司 MATRIX-2
和久井光司:vocals, acoustic guitar
澄田健:guitar, backing vocals
柴田奈穂:violin, backing vocals
藤原マヒト:korg synthesizer, backing vocals
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

1. 街角で「コヨーテ」を聴いた
2. Only You
3. What Did I Do
4. Now Or Never
5. Every Man Has A Woman Who Loves Him
6. I'm Moving On
7. 夢をもとう

  アンコール
・Imagine(Grapefruit Version)



 達者なギタリストに、柴田さんも、マヒトくんもいて、かなりな音圧でゴージャスな編成。キーボード用アンプがもっとしっかりしていたら、さらに良かったなぁ。

stage.jpg


 レノンさん、オノさんのバックアップミュージシャンは素晴らしい人ばかりで、(ギャラも法外に良いのをもらっているのだろうから当然といえば当然だが)聴くたびにとっても勉強になる。アイディアも結構持って行かれたり…。

Fender Precision Bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
Hartke HA3500 + EDEN D-410XST8-E
 MS-60B: OrangeLim, Z Tron, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年08月06日

学芸大学 メイプルハウス

  「銅の歯車 vol.22」
  大槻さとみ、THE KANGA、ストウタカシ
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥2,000 当日 ¥2,500

  大槻さとみ
大槻さとみ:vocals, accordion
Yonafy:guitar, backing vocals
大島裕介:alto saxopone, backing vocals
sasuke:violin
安部OHJI:bass
雄太王子:drums

1. Boodoo Child
2. 線路沿いの道
3. another side story
4. Tidepool
5. ラストダンスは私に
6. 5色の地球儀
7. Home Sweet Home
8. Stylish Blue
9. 満月が隠れたら



 記念すべき第一回ダブルおうじリズムセクション。

me.jpg


Spector Fretless Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
Bogner harlow
ZOOM MS-60B
 ↓
ALBIT ベースアンプ
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大槻さとみ