2017年07月30日

ガーゼ終了

 18日。
posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全摘後のいろいろ

2017年07月28日

川崎 クラブチッタ アティック

  「和久井光司の言わずに死ねるかッ! vol.33」

  対談 和久井光司、めおと楽団ジキジキ、安部OHJI

  演芸 めおと楽団ジキジキ

  オジコジ
和久井光司:vocals, acoustic guitar
安部OHJI:bass

  GUESTS = めおと楽団ジキジキ on 5、6、7、アンコール
世田谷キヨシ:guitar
カオルコ:vocals, melodica

1. 甘い誘惑
2. 女は生きる
3. Coney Island Baby
4. 幸せって、つまんない
5. 野村さん
6. 漕げよマイケル、あと500マイル
7. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・All You Need Is Love



 おとぼけキャッツでギタージャンボリーのようなスンバラシイ演奏されていた人と一緒にできたのだ。超楽しいのだ。

jikijiki.jpg


 昨日はnombresのライブを和田アキラさんが見にきてくれたのだが、今日はジキジキの来住野さんから、アキラさんがおとぼけとセッションした話を聞いた。なんか、いろいろと楽しい今日この頃。

Fender Precision Bass
 ↓
ZOOM MS-60B
 ↓
ASHDOWN ABM-C210 T 500 EVO III
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年07月27日

横浜 Stormy Monday

  nombres
  OPEN 19:00 START 20:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500 2オーダー別

  nombres
有近真澄:vocals, percussions
窪田晴男:guitar, vocals
小滝満:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
矢壁アツノブ:drums, backing vocals

​  set 1
1. Unstuck In Time
2. なんとかしろよ
3. 真っ赤なとうがらし
4. 子宝湯
5. Andy Warhol
6. 怒りの神
7. Street Fighting Man

​  set 2
1. Vanillaの蝋燭
2. アディクション
3. 君のそばに行くとバカになるぼく
4. Clans
5. Jump For Joy
6. 数をかぞえて
7. TNK



 セットリストをメールにペーストしたら「Vanillaの蝋燭」と「Unstuck In Time」が逆になっていた。いや、そんなことはあり得ないので、自分で気が変わったのだろうけど、直前まですっかり「Vanillaの蝋燭」で始まる気分になっていた。なんだかなぁ。

 今日は先輩方の来訪が多かった。まずリハーサル時にサザンにいらした大森さん。今はマーボーと演っているそうだ。かっちょ良さそう。お褒めいただいたのはもちろん嬉しかったのだが、なにしろ5月の御苑サウンド以降は事前リハーサルをしていない。ライブの度に断捨離というか、いろいろと削ぎ落としているところなのだが、かなりボロボロになってきた。これでちょっと落ち着くので、新曲もたまっているし、去年のようにまたリズムリハから始めたい。

 そして本番には和田アキラさんが!ちょっと緊張してしまって、エフェクターの設定を変え忘れたりとか、トーキングBOXの練習の成果が発揮できなかったりとか。でもアキラさんと晴男くんとのやりとりがとても楽しかった。そういえば4年前の10月にはStormyにマリさんと美潮さんにお越しいただき、その時もマリさんと美潮さんのお話が楽しかった。つーか、もう4年も前なんだ!なんだか自分では、去年か、一昨年ぐらいな気分がするのだが。

 「Unstuck In Time」のシークェンスを薄くしたので、次回からはモノでいけるかもしれない。そうするとかなりな省スペースとなる。とはいえ、予定は未定。やってみないと、実際にどう転ぶかはわからないことが多い。

 トーキング・モジュレーターは一応コツがわかってきたけれども、さらにスタンドを固定化する方法がないだろうか?大きな課題だ。それは慣れでどうにかなるのかもしれない。それよりも慌てていて、ハーモナイザーをオクターブ上にセットするハズがオクターブ下にセットしていたりと、メンタルが弱いのがいけない。じじいのくせに情けないことだなぁ。

Fender Precision Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
DigiTech Bass Synth Wah
ZOOM MS-60B
MXR Talk Box
 ↓
MARKBASS LittleMark 800 + AMPEG SVT-810E(多分)
 MS-60B: Delay, ModDelay, ModDelay2. tuner

posted by OHJI at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | nombres

2017年07月23日

新宿 御苑サウンド

  「涅槃に行っちゃおう vol.7」
  nombres、Napple Tapple
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  nombres
有近真澄:vocals, percussions
窪田晴男:guitar, vocals
小滝満:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
矢壁アツノブ:drums, backing vocals

1. Vanillaの蝋燭 〜 Unstuck In Time
2. アディクション
3. 君のそばに行くとバカになるぼく
4. 真っ赤なとうがらし
5. Clans
6. 数をかぞえて
7. Peaches en Regalia
8. 怒りの神

  アンコール
・Sunday Morning



 前回の教訓で「セッティングする為にステージに上がる前に、全てをすぐに演奏ができる状態にしておくこと。」というのがあったのに、せっかく持って行った帽子をかぶらないで始めてしまった。

 で、焦って始めてしまったので、演奏もイマイチ。練習した意味がない。やはりなんとしても早急にエフェクトボードを完成させなくてはいけないようだ。

Fender Precision Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
DigiTech Bass Synth Wah
ZOOM MS-60B
MXR Talk Box
 ↓
Fender BASSMAN 135 (12inches x 4)
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | nombres

2017年07月21日

渋谷 七面鳥

  「安部OHJI presents ねじまき算定機 vol.9」
  フミノ、さいとういんこ、テノリエリ、板バネカリキュレータ
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥2,500 当日 ¥3,000 D別

  さいとういんこ
さいとういんこ:reading
安部OHJI:bass, Macintosh sequencing
石川寧:trumpet
藤原マヒト:piano, synthesizer

1. Kind a Funky
2. Just the drums
3. Kimowaru
4. Swing Thing
5. You Rock

  テノリエリ
テノリエリ:vocals, TENORI-ON
安部OHJI:bass, Macintosh sequencing
黒田英明:acoustic guitar, vocals on 4, 5, 6, 7

1. さよならgirlhood
2. 弱虫の飛行士
3. カラス
4. 水差し
5. 蛾
6. 空を見ている少年少女
7. さいはて

  板バネカリキュレータ
藤原マヒト:piano, synthesizer, vocals
石川寧:trumpet
安部OHJI:bass
SACHI-A:drums, percussion

1. 渚にて
2. 何処いく?
3. Good Night
4. かくれのみ

  フミノ
フミノ:vocals, iPhone
藤原マヒト:piano, synthesizer
石川寧:trumpet
安部OHJI:bass
SACHI-A:drums, percussion

1. ムラサキ
2. 滞空時間
3. 告白
4. 心臓
5. 照ル
6. せんせい
7. 太陽に月
8. モザイク
9. loop



 とても少ないメンバーでいろいろなことができて、面白かったイベント。「さいとういんこ」は歌うわけでもないのにかなり強力に持っていく面白いライブ。来月18日も楽しみです。

 曲がりなりにもエフェクト・ペダルが使えるようになってきた。「滞空時間」では「符点8分のディレイ使うなんて何年ぶりだろう?」などと思っていたら、パッチケーブルを忘れてきて、持ってきた全部をつなぐことはできなかった。いよいよボード化しなくてはならないようだ。黒田くんのハンディなボードが素敵だなぁ。
  → http://allaccess.co.jp/pedaltrain/nanoplus/

 最近どうも、とっさの痛みをあまり感じなくなってしまったようだ。今日もMacを置いたデスクの角に頭をぶつけたのだが、その時は「痛いな〜」とは思ったものの、まぁちょっと痛いぐらいのつもりだった。そしたら「さいとういんこ」に血だらけだと言われて、傷口を見て逆にビビったり。手もよくドアなどに挟んだりするのだが、その時はあまり感じなくて、夜になって見て見たら痣になってることが多い。死に至るような怪我をしても、あまり感じなかったりするのだろうか?後々すごい痛い思いするのはいやだなぁ。

 これだけ同じメンバーでやるなら、全員参加曲もあればよかったかも。

Spector Fretless Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
DigiTech Bass Synth Wah
ZOOM MS-60B
MXR Talk Box
 ↓
Phil Jones Bass Briefcase
 MS-60B: Delay, TapeEcho, ModDelay, ModDelay2, AnalogDly, tuner

MacBook Air
 ↓
MOTU 8pre
 ↓
MXR Talk Box(途中で差し替え)
 何処いく?、かくれのみ: wah wah-clavinet

posted by OHJI at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他合戦の記

2017年07月16日

武蔵小山 Again

 「神ちゃん、おかえり。そして、いってらっしゃい。」
  神谷きよみ、大槻さとみ
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約 ¥2,500 当日 ¥3,000(D別)

  大槻さとみ
下記参照

  神谷きよみ
神谷きよみ:vocals, piano
日本コージ:guitar, backing vocals
やまだ晴香:percussions, backing vocals
安部OHJI:bass
中村憲司:drums

1. 太陽のしっぽ
2. すなのあしあと
3. ともろビーチ
4. いまは昔
5. ネクター
6. 午後
7. サンチョー
8. 太陽と海の子供

  アンコール
・何処いく?(出演者全員)



 神谷嬢が一時帰国するタイミングに合わせて、一年ぶりにライブ。相変わらずテンション、転調、変拍子などの緊張感とホンワカ気の抜ける癒し系の波状攻撃なのである。

 ネクターのソロはトークボックスを使って初めて何も考えずにアドリブした。まあ、あんなものだろうというような出来。MC=オール・トーク・ボックス化計画は何度か練習して見たのだが、音程がはっきりしているので、どうしてもメロディになってしまう。ベースのようにメロディを主張しにくい楽器でそういうことになるというのはなんとも皮肉なものなのだけれど、当たり前と言えば、当たり前なような。

 という訳で、その方向で行くなら、テーマソングというか、月亭可朝の「ボインは。。。」とか、牧伸二の「あ〜〜!やんなっちゃった!」のような定形オハコが必要なのかもしれない。(笑

 よし、考えよう。

Spector Fretless Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
ZOOM MS-60B
MXR Talk Box
 ↓
AMPEG BA-112
 MS-60B: TapeEcho, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 神谷きよみ

武蔵小山 Again

  同上

  大槻さとみ
大槻さとみ:vocals, accordion
内藤朗:keyboards
sasuke:violin
大島裕介:saxopones, flute​
安部OHJI:bass
中村憲司:drums

1. 線路沿いの道
2. Tidepool 
3. another side story 
4. 満月が隠れたら
5. 5色の地球儀
6. Boodoo Child 
7. ラストダンスは私に
8. Home Sweet Home 
9. Stylish Blue



 さとみさんのライブでずっと叩いてくれていた中村くんが、来月からおやすみ。お疲れ様でした。「上手いヒトは忙しい」当然のことですね。

Spector Fretless Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
Bogner harlow
ZOOM MS-60B
 ↓
AMPEG BA-112
 MS-60B: tuner

posted by OHJI at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 大槻さとみ

2017年07月12日

ガーゼ終了

 17日。
posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全摘後のいろいろ

2017年07月09日

渋谷 Last Waltz

チエルーム4thアルバムレコ発!「ウフルチエカタン」東京

 今日はライブを見に行った。貧乏暇なしなので、結構な久々です。チエルームの個性は残しつつ、種族維持の根本にも直結するテーマにも切り込んできておもしろい。

 ウフル嬢も、日比谷カタン氏も、強力な方々でこういう方々がいるなら、安心して旅立つことができると思う。かたや、ごくごく自然にムスタファズ3みたいな「どこにもないエキゾ」を歌っちゃうかと思えば、こちらではロバート・フリップ技巧で一人テクノして、なおかつアイドル音楽のアティテュードしちゃうって、2重にも、3重にもアイディアが交錯していて、素晴らしいどころではない。脱帽です。

 そんなカタン氏のコーナーでは氏がMCにTCと思われるボーカルエフェクトを施していた。MCもすべてトーキング・モジュレータで、というののイメージも見えてきた!?

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是決戦

2017年07月08日

中野 オルタネイティブ・カフェ

 「meatware on the corner vol.3」
  パセリーズ、U3S、ミヤザキナオコ
  世話人:安部OHJI
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約・当日とも ¥2,500
  限定25人

  ミヤザキナオコ
ミヤザキナオコ:vocals, piano
安部OHJI:bass on 4,5,6,8 & 9

1. ビール
2. 無題
3. すきま
4. カイリ
5. リメンバー
6. 家族ごっこ
7. 冬の思い出
8. 北の方
9. スノードーム

  U3S
やまとゆう:acoustic guitar, vocals
ぴーさん:acoustic guitar, vocals
安部OHJI:bass on 8 & 9

1. 星のパレード
2. 君を連れて
3. プラットホーム
4. 雨、君に降る雨
5. 僕らは御伽の国に生きている
6. 特別な夜になる
7. 少年達の夏            
8. ハンター
9. ウィッシュユーワーヒア

  パセリーズ
長谷川友ニ:vocals, guitar
森下寿一:vocals, piano
安部OHJI:bass on 7,8,9 & 10

1. Scarborough Fair
2. 早く家に帰ろう
3. CANCER
4. 夢の続きを
5. はじまり
6. 七つの夏 -1967-
7. 回想の街
8. アイシテヨ
9. REIKA



 いろいろできて楽しく、リハも当日なので楽しいばっかりでした。素晴らしい。

 後で思ったのだが、もう曲間MCはすべてトーキングモジュレータでするというのも良いかもしれない。そういえば、先日マットも「どこに行くにもトークボックス持ってけばいいじゃん。マイクとさ。」と言っていた。

Spector Fretless Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
DigiTech Bass Synth Wah
ZOOM MS-60B
 ↓
Fender Sidekick Bass 30
 MS-60B: Ba Detune, Delay, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他合戦の記

2017年07月02日

中目黒 fjs

  Napple Tapple
  OPEN 18:30 START 19:30
  予約・当日とも ¥3,000

  Napple Tapple
内山渚:vocals, toys
竹中健:guitar, backing vocals
里村美和:percussion, backing vocals
安部OHJI:bass

  set 1
1. 一味盗カラス
2. マイケル
3. 公園
4. メスシリンダー w/安部OHJI
5. Pas de Trois
6. ケレベラ w/里村美和、安部OHJI
7. Statesboro Blues
8. スンゲェーパワー
9. はばかりトンプソン

  set 2
1. 嫌んなった
2. ア・レイ
3. 戻り蛍
4. I Can’t Let Go w/里村美和、安部OHJI
5. マルガリータ
6. 愛人レイカ
7. 咲いた花
8. Little By Little
9. ウィナーソーセージ

  アンコール
・あの女
・一寸法師



 fjsは深町さんが亡くなってから行ってなくて、再開したのもなんとなく知っていた程度。Napple Tappleとイメージが結びつかなかったので、最初は「???」という感想だったが、すごく素敵な空間だし、出演させてもらえるなら、とても喜ばしいことである。なにしろ久しぶりなので楽しみにしていたのだった。

 お昼前に洗濯していたら、メッセージがあって、こちらもずいぶんと長い間、というか、fjsに行ってない期間よりも遥かに長い間お会いしていないギタリストのチエちゃんだった。なんと、今日はカウンターでドリンク作ってるらしい! って、一体どういうこと?

 でもって、fjsに着いたら、チエちゃんだけじゃなく、マットもいた。なんだか変な組み合わせ。でもマットとはここで一緒にフェイちゃんのサポートしたんだっけか。まだ深町さんいらっしゃる頃、と思ったら、ちょっとウルウルきた。しかも棚にはビンソン・エコーレックがその頃と同じように置いてあったりする。

IMG_1402.jpg


 ちょっと普通じゃない感じで、イマイチ乗り切れすに始めてしまった。とはいえ、演奏が始まると身体が反応していくので、おかしな演奏にはならなかったが。

 リンダと憂歌団、どちらも軽い思いつきで提案してみたけど、思いの外、なぎささんに合っているのかもしれないなぁ。いい感じ。

 チエちゃんとは何かでご一緒できるかも。

Fender Precision Bass
 ↓
Electro-Harmonix Pitch Fork
Bogner harlow
ZOOM MS-60B
 ↓
Peterson PWT300
 MS-60B: TS+DRY, Ba Chorus, Ba Detune, tuner

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Napple Tapple