2016年08月18日

退院4ヶ月


 今日で退院して4ヶ月。この1ヶ月で使ったガーゼは30cm x 14m。今までで一番少ない使用量。

 人口咽頭を使っての会話は、妻がある程度は理解してくれるぐらいまで上達してきた。人口咽頭を使う時のぼくはなんだか嬉しそうなのだそうだ。そろそろ他の人にも使ってみようと思う。9月のライブで使えるようになればベストなのだが...。


posted by OHJI at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 全摘後のいろいろ

2016年08月07日

池袋 サンシャイン劇場


「ZABADAK 吉良知彦 〜katami wake〜 かたみわけ」

 お別れではなく、挨拶をしに行って来た。「もう言葉は話せなくなったけど、これからも宜しくね。」と。待ち合わせした工藤さんとはすぐそばにいるのにもかかわらず、なかなか会う事ができなかった。

 ライブでは当初ロス感があまり湧かなかったが、最後にポーランドが来たら不思議な気持ちだった。もちろんこのベースを弾いている時は、30年後にこんな形でライブの最期で聴く事になるとは考えていなかった。ドラムを叩いた松田くんもすぐそばの客席にに座っているし。なーんか30年前にワープして、スタジオでプレイバックを聴いているみたいだった。内海は優れたエンジニアだなぁ...と強く感じた。だが当時録音方法で必ず苦労してたリコーダーは今では何十人もの人々がリアルタイムで演奏してくれている。どうしてかはわからないが、2001年の最後の年老いたデイヴィッド・ボーマンの部屋のシーンが想い出された。特に悲しいとは感じなかったが、知らぬ間に涙が出ていた。

 公子さんは本当にしっかりしていた。素晴らしかった。落ち着いたら、褒めてあげたい。

 打ち上げにはお兄様も参加されなかったので、昔よくやった口Beatlesや口YESができなかった。もちろんぼくはもう声が出せないので、そんな事は出来ないのだが、もし声が出たとしても一人でやり始めたとはとても考えられない。

 そしてとても多くのいろんな人にお会いした。昔のマグネットの山浦さんやChicken Georgeの児島さんをはじめ、多くの人は再会。名前を覚えていないのだが、CM制作会社のスタッフの人とか、当時はよく顔を合わせていたのに、もう20年以上お会いしていない方もいらした。

   

 20年以上会ってないと言えば、内海は最初ぼくだと分かってくれなかった。眼鏡をかけていないのがいけなかったようだ。松田くんはあまり変わらない。DARIEさんやガリホ、坂元くん、芽映さんや近ちゃんがいたらなぁ。と思った。


posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是決戦

2016年07月28日

Pied Piper House


 やっとパイドに行くことができた。



 長門さんはいらっしゃらなかったが、とりあえず「Best Of Pied Piper Days」を購入。Valerie Carter - Da Doo Rendezvous とスタジオ盤がどこに行ってしまったかわからなくなった Sun Goddess が特に感慨深い。

 その「Best Of Pied Piper Days」のライナーに大貫さんが書かれている「レコードジャケットの紙の匂い」。うわー!思い出しますな。

 パイドとシスコと新宿レコードでそれぞれ違うような気がした。パイドとメロディハウスはちょっと似てるような。シスコとホンキートンクも似ていた。YAMAHA道玄坂と新宿レコードの英国盤も親戚っぽい。やっぱインクかなぁ?輸入経路が違うのか、違う系統のレコードを購入しているから違ったのか、どうなのか。

 また行きたい。


posted by OHJI at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々是決戦

2016年07月21日

横浜 Stormy Monday


  nombres
  OPEN 19:00 START 20:00
  ADV ¥2,800 DAY ¥3,300

  nombres
有近真澄:vocals
窪田晴男:guitar, vocals
小滝満:keyboards, backing vocals
安部OHJI:bass
矢壁アツノブ:drums, backing vocals

  set 1
1. 真っ赤なトウガラシ
2. なんとかしろよ
3. 子宝湯
4. Addiction
5. きみのそばに行くと バカになるぼく
6. Jump for Joy
7. 最低ブルース

  set 2
1. バニラの蝋燭 (instrumental)
2. Space Oddity
3. Delilah
4. Clans
5. 数を数えて (窪田晴男)
6. 怒りの神
7. Peaches en Regalia

  アンコール
・Tomorrow Never Knows



 今回のドレスコードは明るい色。

   

 デライラはたっぷり考える時間があったので、初めてにしてはまあまあな出来だったような。トム・ジョーンズは徐々に曲を増やして、メドレーにしたいなぁ。

 新曲の部類に入る「Clans」もかなりこなれてきた。下の動画はSDカードを失くしてしまったので、8月1日の「晴れたら空に豆まいて」でのもの。



 窪田くんの言うように宗教チックに動員ができれば非常に楽なのだが、果たしてそんな風に事が運んでくれるのだか、どうだか。

 一杉さんの野菜は素晴らしいです。フライド・グリーン・トマト、ごちそうさまでした。

 自分用メモ:不注意による事故が起こるのは、100パーセント自分の責任なので、本当に避けたい。ましてや遠くまで行って1日潰れ、なお且つ他人様に迷惑をかけてしまうなど、どうして良いかわからない。


posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | nombres

2016年07月20日

リハーサル


 明日のStormy Mondayに向けて、久しぶりに全員が揃うリハーサル。

   

 Tom Jones の「Delilah」は小学校の頃のヒット曲、自分から聴いたのは中学になってから。モンキーズと交換で友達から借りて聴いた。有近くんはこの歌をストーカーの主張みたいな歌詞にするらしい。言われてみれば、まさにその通りだった。

 当初サビのギターはスペイシーなオンベースコードにしたかったのだが、「ロックっぽい方が良いよね」という晴男くんのアイディアで、1、5度のパワーコードな今の形に。シンセパッドでオンベースコードは入っているし、破綻することなくワイルドさを出すことができるようになった。こういう部分はまだまだ勉強が足りない。ギターまでが「スペイシー」にこだわる必要はないのだが、どうも最初に考えたアイディアには固執する性格が治らないのだった。



 やっと立ってライブ演奏することができそうだ。写真は21日ストーミーでのもの。

   


posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | nombres