2017年05月19日

ガーゼ終了

 17日。
posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全摘後のいろいろ

2017年05月18日

渋谷 七面鳥

  「Night in Shibuya vol.3」
  大槻さとみ、STOUT!、サウスコンシャス
  OPEN 19:00 START 19:30
  予約・当日とも ¥2,500

  大槻さとみ
大槻さとみ:vocals, accordion
そのだけんじ:guitar
江藤有希:violin
大島裕介:saxophones, flute​
安部OHJI:bass
中村憲司:drums

1. Stylish Blue
2. 満月が隠れたら
3. another side story
4. 5色の地球儀
5. ラストダンスは私に
6. Home Sweet Home
7. Boodoo Child

  アンコール
・ロンリーローラー(出演者全員)



 江藤さんはトップの「サウスコンシャス」と最後の「大槻さとみ」両方で大活躍!江藤さんにはショウボートでのピートさんの生誕祭でお会いして、無理やり頼んで参加してもらったのだが、七面鳥のマスターはそれをご存じなく、江藤さんの「サウスコンシャス」にもオファーしていたという次第。

 最後は総勢10人がステージに乗って、楽しいアンコールでした。お客様も、出演者の皆さんも、スタッフさんもありがとうございました!

 MCでも話したけど、他人が聴けるようなクオリティの音楽を歌い、演奏するというのは、何かしら努力が必要なわけです。ステージ上でヘラヘラ馬鹿な話してる人でも、Fが押さえられなくて指が痛くなったり、手が小さくて指が届く角度にすると力が入らなかったり、つまらない基本の練習したり、ということを必ず一度は通っているわけですね。それをしなくても、めっちゃ上手い人というのは、よっぽど素晴らしいDNAを持って生まれたとか、天才とかですな。ですから、なんにもしなくてもとても人気があって、どうやっても人生を楽しめるような人は色んなことが楽しいから、ついつい楽しい方を選んでしまいますよね。わざわざ音楽を歌い、演奏するという理由がありません。

 七面鳥のある渋谷は高校行くときの通り道だし、住んでいたこともあるし、30代までは自分を形成する文化の吸収の場であったのが、だんだんと様変わりして、とうとう道玄坂ヤマハもパルコもなくなってしまった。もはやBYGを残すのみ。

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大槻さとみ

2017年05月14日

大宮 B+

  「おれらはまだまだこどもだよ vol.2」
  大槻さとみ、エセ元春がチキンハート
  OPEN 18:00 START 18:30
  予約・当日とも ¥3,000 D別

  大槻さとみ
大槻さとみ:vocals, accordion
関口祐二:acoustic guitar
里村美和:percussions, backing vocals
sasuke:violin
えんどうさとみ:alto sax
安部OHJI:bass
中村憲司:drums

1. 満月が隠れたら
2. Tidepool
3. another side story
4. Boodoo Child
5. 線路沿いの道
6. 5色の地球儀
7. ラストダンスは私に
8. Home Sweet Home
9. Stylish Blue

  アンコール
・あれやこれ(大槻、安部、里村)



 ​エセ元春はこのお店のマスターがやっている、佐野元春さんのカバーバンド。サポートしてくれている里村さんに「なんでこの人、エセ元春サポートしてんだろ?」などと笑いを誘う。だが、里村さん以外のサポート陣もしっかりしている。ウネウネと流れるようなフレーズを繰り出してくるギターの方とキーボードの女性が特に素晴らしい。

 と同時に、佐野さんはやっぱり曲もアレンジも素晴らしいなと再認識なのだった。そういえば24歳でワーナーからバンド・デビューした時、慶一さんと佐野さんだけが褒めてくださったことを思い出した。最近、思い出すことばっかりだなぁ。新しいことがらにもっと入りこまなくては…。

 大槻さとみバンドは今までで一番大人数で演奏した。このステージだと7人が限界かもしれない。というより、violinとsaxophoneが入るアレンジを煮詰めていきたい。

posted by OHJI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大槻さとみ

2017年05月05日

小牧 Back Drop

  「和久井光司トリオ+「街角でコヨーテ」SPRING TOUR 2017」
  和久井光司トリオ、はまだ周平、和久井和佳子
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  和久井光司トリオ
和久井光司:vocals, guitar
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

  GUESTS
はまだ周平:vocals, acoustic guitar
和久井和佳子:vocals, melodica

  和久井光司トリオ
1. まだまだ
  はまだ周平 & 和久井光司トリオ
2. Camera!Camera!Camera!
3. 無重力☆ノイローゼ
4. ブルースを歌わないで
5. 夜のサイレン 朝の憂鬱
6. 素晴らしき哉、人生!
  和久井光司
7. シリアス
  和久井光司 & 和佳子
8. NOW OR NEVER
9. シャボン シャボン
  和佳子 & 和久井光司トリオ
10. アンダルシア
  和久井光司トリオ
11. 娑婆にホトケ
12. ヘリンボーン/ジェリービーン
13. 女は生きる
14. 幸せって、つまんない
15. 漕げよマイケル、あと500マイル
16. 街角で「コヨーテ」を聴いた

  アンコール
・風に吹かれて



 3連続ライブの最終日は愛知県小牧のBack Drop。オーナーがプロレス好きなのだろうか?

05052017.jpg


 この小牧という町は大都市ではなく、どちらかというと寂しい場所。果たしてこんなところにお客様が来てくれるのだろうかと変な心配をする。が、それは無駄な心配であった。和久井くんの奥様と周平くんのお知り合いや名古屋での対バンの方々で立ち見が出てしまう。

 でもって、今日もギターもピアノもいないので、リードベースのような形でベースを派手に引く羽目になったが、ちょっと慣れてきたし、今日はセットリストもコンパクトで、特にポカもなし。余裕で全曲飛び跳ねられる。9年前に最初の癌手術をした時や去年声帯ごと喉を切除した時には、こんなことができるようになるとは思えなかったが、宗教何もしてないぼくも本当に感謝です。と同時に、この歳になっても、エンディングのジャンプがカッコイイと言ってくれる方がいらして、本当にありがたい。ありがとうございます!励みになります。ずっとやり続けることは重要だと思う。継続こそは力なり。五郎さんという大先輩もいらっしゃるのだ!がんばろう。

 トイレに入ったら、30年ほど前に都内某所で一緒にコンサートしたパーカッションの方のライブフライヤーが貼ってあった。それ以来、全くお会いしていないが、お元気そうでなにより。ミュージシャンは褒められた仕事ではないと思うし、ぼくはJASRAC正会員でもなく、シンセプログラマー協会みたいなのにもメンバーにはなっていない。けれどもたまにあまり多くのアーティストが訪れることのないお店にお世話になると、長く会っていない知り合いの近況を知ることができたりする。ちょいとクラス会だか、なんだかみたいな嬉しい気持ちする。

 王様もこんな所まで来ている。流石だなぁ。

 P.S. この日の夕食は小牧から車を走らせて、味A 春日井西山店というところに行った。着いたらちょうど看板をしまうところで、「もう今日は終わりだよ。」と言う女性を和久井くんがなんとか説得して、食べさせてもらう。その和久井くん、長時間食べなかったので、すごく多く頼んでしまった。多分食べた量の倍くらいの量が残ってた。当然、お持ち帰りになった。

 昔、カリフォルニアの田舎で持ち帰ったDoggy Bagを想い出した。

posted by OHJI at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 和久井光司

2017年05月04日

大阪 ムジカジャポニカ

  「和久井光司トリオ+「街角でコヨーテ」SPRING TOUR 2017」
  和久井光司トリオ+、ぱぱぼっくす、チエルーム
  OPEN 18:30 START 19:00
  予約 ¥3,000 当日 ¥3,500

  チエルーム
チエルーム:vocals, accordion
安部OHJI:bass on 5
伴慶充:drums on 5

1. まる
2. うずの中
3. 押し花慕情
4. 甘い破滅
5. クモリメガネ
6. 紅い花 こぼれる雫

chieroom.jpg


  ぱぱぼっくす
さわだ ともこ:vocals, acoustic guitar
たるたに さとし:6 & 12st guitar, backing vocals
たかだ まさふみ:drums, backing vocals
あべ おうじ:bass on 5

1. やさしい人よ
2. ちっちゃな春
3. 僕のものになれ
4. いつか
5. 他の誰にも真似のできない恋をする
6. あいたかったな

papabo504.png


  和久井光司トリオ+
和久井光司:vocals, guitar
西村哲也:guitar, backing vocals
マイティ稲垣:guitar, backing vocals
白川眞琴:Kurzweil keyboards, Leslie amplifier
安部OHJI:bass
伴慶充:drums, backing vocals

  GUESTS
澤田智子、チエルーム、フェイターン:backing vocals on 11 & encore

1. まだまだ
2. 表現
3. 泣かない女はいない
4. 娑婆にホトケ
5. 女は生きる
6. 幸せって、つまんない
7. ヘリンボーン/ジェリービーン
8. Blind Willie McTell
9. 漕げよマイケル、あと500マイル
10. 街角で「コヨーテ」を聴いた
11. 風に吹かれて

  アンコール
・POWER TO THE PEOPLE



wakui.jpg

 当初、タワーでインストアをやってからムジカに入る予定だったが、インストアが無くなって、かなり早い時間に入った。

 昨日は3人で無茶振りとも言える(笑)ソロなど、大変だったが、今日はメンバーが多すぎるぐらい多い。とはいえ、西村くんの存在感は絶大で、共演バンドのぱぱぼっくすが口を揃えて、「西村くんのギターソロがなかったら、曲として成り立つのかしら?」と言うほどであった。

 チエルーム嬢にはあらかじめ楽曲を送っていただき、譜面を書いて、昨日伴ちゃんにサポートをお願いして、今日リハで初めて「クモリメガネ」を演奏したので、まあ、それなりな出来。

 それよりも前回Last Waltz by shiosaiで見たときと較べると、スケールが圧倒的に大きくなっている。とても同じ人とは思えない。どうも忘れがちになるけれど、チエさんもガンを乗り越えてきた人だったのだ。それもちょっと関係しているのかもしれない。

 ぱぱぼっくす:澤田さんがMCで話していたけれど、20代の頃はいろんな人に「早く曲を書きなさい」とか、「これこれこういう曲を書きなさい」とか、いろいろと周りからせっつかれたのだそうだ。今はメンバーも家庭を持ち、どうもその頃のようにアグレッシブに創作活動をすることが難しいらしい。自分ではどうも「ぼくなどが…」と思ってしまいがちだが、嫌われながらせっついていく役を引き受けるべきなのかもしれない。

 この日の泊まりは天王寺だというから、どんな所かな〜?と思っていたら、外観は完全なラブホであった。部屋の外に「円形ベッド」などと書いてあるし。実際には「円形ベッド」は無くって、お風呂がかなり広めなツインの部屋であった。普段シャワーのときに使っている床屋みたいなケープがないので、100円ショップで雨をしのぐポンチョを買って着て風呂に入ろうとしたら、さすがに伴ちゃんが驚いていた。

posted by OHJI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和久井光司